【英会話ができるようになりたいのなら、リーディングとライティングは忘れましょう】

英字新聞をすらすらと読めたり、英文をさらさらっと書ける人にあこがれたりしていませんか?(僕はあこがれていました)。

 

現在英会話能力を向上させたいのなら、リーディングとライティングは忘れましょう

 

 

いま英語ができないと悩んでいるのなら、まず、英語を使った何ができるようになりたいのかを考えましょう。

 

ぺらぺらと話せるようになりたい?

すらすらと読めるようになりたい?

さらさらと書けるようになりたい?

いや、それぜんぶです?

 

もし全部を望むなら、まずは話せるようになるための努力をするのがよいです。

 

先に読んだり書けるようになっても、ぺらぺらと話せるようにはなりません。

そればかりか、邪魔になることもあります。

 

 

スポンサードサーチ

先に英語のリーディングやライティングができるようになると英会話能力の向上の邪魔になってしまう理由

 

 

結論から書くと、

 

  • 英語のリーディングやライティング能力の向上で溜めてしまった(英語的に)間違った発音の単語や文章がその後の英会話の練習の邪魔になる

 

からです。

 

もうちょっと詳しく説明します。

 

 

スポンサードサーチ

どうしてリーディングやライティング能力の向上が英会話能力の向上のさまたげになるのか

 

 

リーディングとライティングは単語と文章で出来ています。

単語と文章には音声情報と意味情報が含まれています。

しかし文字を読まないで意味だけをくみとることは難しい(表意文字の漢字は別だと言いたいのですが、書くときに音声情報が必要とされます)。

 

そして英会話能力がない(発音ができない)状態でリーディングやライティングが上達した場合単語や文章の音声情報は日本語の音を元にしたものになります(いわゆる日本人のカタカナイングリッシュです)。

 

結果として英会話能力向上にはつながらない。

むしろ、読めるようになればなるほど、そして書けるようになればなるほど、間違った発音で覚えている単語数が増え、同じように間違った発音で読んでいた英文作成能力が蓄積されていき、矯正が難しくなります。

 

 

スポンサードサーチ

英語力を向上させたいのなら、まずは英会話能力一択です

 

 

英会話(リスニング、スピーキング)がうまくなりたいけれど、読み書き(リーディング、ライティング)もおざなりにはできないと思ってしまうのは、日本では読み書きの能力のほうが重要視された教育をされてきているからだと思います。

 

たしかにバランスよく4つの能力が向上すれば言うことはないのでしょうが、文字のように形のない英会話能力のほうが習得に難しく、読み書きのほうが先に進みがちになることが多いかと思います。

 

ならいっそのことまずは英会話能力に全振りしてしまうほうが、あとからの発音の矯正をする二度手間を考えれば結果として楽になります。

 

 

英会話の練習の仕方

 

 

当然ながら英会話の練習には相手が必要になります。

語学系アプリで相手を探すのもいいのですが、個人的には初めの内はきちんとした教師の知識をもっている人を相手にしたほうがよいです。

 

外国語の初級者の相手をするのは結構しんどいので、語学系アプリ等で出会ったただのネイティブの場合嫌がられることが多いからです。

また、教師は英語を勉強している人が犯しがちな間違いに対応するノウハウがありますが、一般の人にはありません。

 

英会話の練習には留学やワーホリもいい手なのですが、個人的にはオンライン英会話レッスンがおすすめです。

 

なぜなら、語学学校や英語塾の場合、決められた教材(文字教材)があって、それを読みながら練習することが多いからです。

 

それならマンツーマンで、英会話の練習にしぼるように頼めるオンライン英会話レッスンのほうがよいです。

 

安さ重視で専任教師制がよいのならEigoru(エイゴル)

少し値は張るけれど色々な国の英語教師と練習してみたいのならDMM英会話がおすすめです。

 

参考:

【1回切り数百円から。最低契約期間の総額別・おすすめ英会話オンラインレッスン16社】