【(初心者向け)簡単なフランス語文法入門・基本の『き』・33 (存在文の否定形)】

全然ちがうように思えるフランス語と日本語。

実は似ているところがあったら学びやすいと思いませんか?

 

復習

 

 

前回の記事で、存在文は

 

Il y a文 (存在の有無を強調)

繋辞+場所の表現 (存在以外の情報に興味)

 

の2つの存在があると書きました。

この2つを否定文にしたいとき、どうすればよいのでしょうか。

 

 

スポンサードサーチ

否定文

 

 

以前の記事でフランス語の否定は繋辞をneとpasで挟むと書きました。

というわけで、1つめは楽勝ですね。

 

Shinji n’est pas au japon. (シンジは日本にはいません)

 

じゃあこの調子で

 

Il y a un chien au-dessous de la table.(テーブルの下に犬がいます)

 

を否定すると……って、あれ?

どこにneとpasを置けばいいんだ!?

安心してください。

pasはいつも動詞の後ろ

つまりIl y a pas。

問題はne。

Il y n’a pas?

いいえ、正解はyの前。

 

Il n’y a pas de chien au-dessous de la table.

 

が正解となります。

って、ちょ待てよ。

n’?

de?

そうなのです。

Il y aの否定文は繋辞の存在文に比べてやっかい。

といっても、neがn’になるのは、La ItalieがL’italieとなるのと同じで、後ろに母音が続くと合体する(エリジオンと呼びます)のと同じです。

じゃあdeは?

これは存在大否定のdeです。

まとめでも書いたとおり、存在文il y aは存在の有無に焦点が当たっています。

つまりil y a~.という存在文を否定すると、存在自体がなくなる。

一切ない。

そんな気持ちを表すのがこのdeになります。

他にもne~personneやne~rienを組み合わせることで存在文はその効力を最大に発揮します。

 

Il n’y a personne. (誰もいません)

Il n’y a rien. (何もありません)

 

 

スポンサードサーチ

否定+α

 

 

というわけで繋辞存在文とil y a存在文で否定の仕方が違いました。

しかし同じ気持ちは伝えられます。

それがne~plus

前は存在していたのにいまは存在していない、そんな気持ちを伝えられます。

 

Shinji n’est plus ici. (シンジはもうここにいません)

 

Il n’y plus de chien là-bas. (犬はもうあそこにいません)

 

なんだか『千の風になって』みたいな気持ちになってきました。

というわけでお家に帰りましょう。

そんなときに使いたい前置詞がchez

~の家で(に)』という特別枠がこの前置詞で表せます。

 

Shinji n’est plus ici. Mais il est chez Nicolas(シンジはもうここにはいませんが、二コラさんの家にいます)

 

Il n’y plus de chien là-bas. Mais il est chez moi (あそこに犬はもういません。でも私の家にはいます)

 

 

よかった。かなしい犬なんていなかっんや!!

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

存在文の否定はil y a文と繋辞文で違う。

今回はこれ一点でしょうか。

 

問題

以下の日本語に否定のフランス語で考えてみましょう。

1:キムタクは……あなたの家にいますか?

2:誰がいますか?

3:何がありますか?

4:まだチョコレートがありますか?

5:リンゴがひとつありますか?

 

解答例

1 : Non, Kimutaku n’est pas chez moi.

2 : Non, il n’y personne.

3 : Non, il n’y a rien.

4 : Non, il n’y a plus de chocolat.

5 : Non, il n’y pas de pomme.

 

いかがだったでしょうか。

同じ存在を表しているのに、焦点の違いで否定の表現も変わってくるのはおもしろいですよね。

言葉を通じて人の思考を読み取れそうですし。

そういえば、pasはいつも動詞の後と書きましたが、口語の場合はneもilも言わないことが多く、

 

Y a pas de chocolat. 

 

のような形になります。