【(初心者向け)簡単なフランス語文法入門・基本の『き』・26 (日付や時間や曜日について質問したい)】

全然ちがうように思えるフランス語と日本語。

実は似ているところがあったら学びやすいと思いませんか?

 

 

おさらい

 

 

前回の記事で、疑問詞について書きました。

 

だれ qui

どこ où

なに quel (quoi)

いつ quamd

どうして pourquoi

どうやって(どんな風に) comment

いくら combien

どれ lequel

だれの à qui

 

そしてお手軽な疑問文の作り方として、指示代名詞繋辞文を使った、

 

C’est_?

 

についても書きました。

しかしみなさんの突っ込みがわかります。

これまで繋辞文として、

 

  1. 国籍 (Je suis japonais.)
  2. 地位 (Je suis étudiant.)
  3. 指し示し (C’est un chat.)
  4. 所属 (Le japon est mon pay natal.)
  5. 時間期間 (Il est 10 heures vingt.)
  6. 曜日 (On est lundi.)
  7. 日付 (Aujourd’hui, on est le 27 mars.)
  8. 形容詞 (Mon chat est grand.)
  9. 上手下手 (Je suis bon en sport.)
  10. 主題 (Ce chocolat, c’est délicieux.)

 

と習ってきたのに、C’est_? だけじゃ質問できなくね?と言いたいはず。

本当にそうですよね。

このなかでも3と9は指示代名詞を使っているから除外し、他の質問文はどうでしょうか。

よく見ると、2つのタイプに分かれていることに気が付くと思います。

それは

 

  • 時間期間 (Il est 10 heures vingt.)
  • 曜日 (On est lundi.)
  • 日付 (Aujourd’hui, on est le 27 mars.)

 

とそれ以外。

 

  • 国籍 (Je suis japonais.)
  • 地位 (Je suis étudiant.)
  • 所属 (Le japon est mon pay natal.)
  • 形容詞 (Mon chat est grand.)

 

片や時間や日付といった話題、片やそうではない話題。

そして、時間や日付といった話題は、使える単語が限られています。

主語の位置に来られるのは、曜日や日付は(OnかNous)、時間は(Il)しか使えません。

 

間違っても

 

Kimutaku est 10 heures vignt.

 

などとは言えませんね(笑)

 

しかし、その他の繋辞文では違います。

時間や日付の話題の繋辞文にくれべて自由度がかなり高いです。

日付などに関しては、日本語の場合は主語が必要ありません。

 

今日は月曜日です。

 

 

『今日は』は主語ではなく、以前の記事で書いた『話題』です。

 

 

スポンサードサーチ

時間や日付や曜日を尋ねたい

 

 

まず時間を尋ねるときは、

 

  • Il est quelle heure?
  • Quelle heure est-il?

 

の二つ。

日本語の『何時』と同じように『quel+heure』で何時となっています。

heureが女性名詞なので、quelleに変化しています。

以前の記事で書いたEst-ce queはYes・ No質問文用ですから使えません。

疑問詞がある場合にはイントネーション系か倒置系の疑問文を使うことになります。

倒置系の疑問文の場合は、疑問詞を含む聞きたい要素を文の初めに持ってきます。

ちなみに返答例は以下の通り。

 

Il est 20 heures vinght.

 

そして、

 

Quelle est la date d’aujourd’hui?

 

日付を尋ねるときに使うのがこれ。

 

On est le 12 décembre.

 

月はわかるから、日にちだけを尋ねたいときはこちら。

 

On est le combien?

On est le 12.

 

そして曜日の言い方は、

 

On est quel jour?

On est mardi.

 

日付と曜日に関してはNous sommesも使えますね。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

習ってきた繋辞文には実は3つの種類があった

 

  1. 指示代名詞を使った繋辞部
  2. 時間や日付に関する繋辞文
  3. 自由度の高い繋辞文

 

時間や日付に関する文は使える言葉が限定されているので質問文も限定されてくる。

 

時間を聞きたい

Il est quelle heure?

Quelle heure est-il?

 

日付を聞きたい

Quelle est la date aujourd’hui?

On est le combien?

 

曜日を聞きたい

On est quel jour?

 

問題

以下のフランス語の質問に対して、フランス語で答えを考えてみましょう。

1 : On est quel jour aujourd’hui?

2 : Quelle heure est-il?

3 : On est le combien aujord’hui?

4 : Quelle est la date d’aujourd’hui?

5 : Il est quelle heure?

解答例

1 : On est mercredi.

2 : Il est midi.

3 : On est le 26.

4 : On est le 26 décembre.

5 : Il est 13 heures moins le quart.

 

いかがでしたでしょうか?

僕の現在情報が少しでています(笑)

次回は自由度の高い繋辞文に関して超絶簡単に説明する方法です。