【大人から英会話を始めても上手になれます】

子どもは頭が柔らかいから英語をすぐに習得しちゃうけど大人は……と落ち込んだりしていませんか?

 

 

大人でも英会話を習得できます

 

 

子どものときのほうが外国語習得がじょうずだと言われています。

家族で外国に住むことになっても、まずその国の言葉を習得するのは子どもであったりします。

その一環として、今年から日本では小学校で英語の授業も始まりました。

 

じゃあ、大人になってしまった人たちには英会話を習得することはできないのだろうかと落ち込みそうになるわけですが、

 

  • 大人でも英会話を習得することは可能

 

です。

まずそれは前提です。

 

しかしそのうえで、大人が英会話を学ぶ上での利点と欠点を理解しておいたほうが勉強時の効率に関係してくるのでそれについて書いていきます。

 

 

スポンサードサーチ

大人が英会話を学ぶときの利点

 

 

大人が英会話を勉強するさいの最大の利点は、

 

  • 意味理解している物事が多い

 

という点です。

どういうことかというと、

 

  • 世の中のものや出来事が何であるか

 

ということをすでに理解しているので、それを英語で何というかさえ身につけてしまえばいいわけです。

 

たとえば『株』という一単語でも、僕たち大人はそれが何を指し、関連する言葉も意味も想起でき、中にはどのように購入し、どういう結果がでるのかまでも知っている人もいるかと思います。

 

そのため英会話で株について言及したいときは、株をstockと言い換えるだけと簡単になります。

 

しかし子どもの場合はそもそも『株』がなんであるかを知らないことのほうが多いです(アメリカでは小さいときからファイナンスを授業を学ぶそうですが……)。

そのため単語をそのまま英訳しても使いこなすことができません。

 

では反対に、大人が英会話を学ぶときの欠点は何でしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

大人が英会話を学ぶときの欠点

 

 

大人が英会話を学ぶときの最大の欠点は、

 

  • 耳情報に頼らなさすぎる

 

という点です。

どういうことか説明します。

 

まず、7歳くらいまでの子どもの耳や脳は言語を複数学ぶのに最適です。

なぜなら、そのくらいの年齢までの子どもの脳は世界の様々な音声を聞き分けれられるからです。

つまり、英語の音を感知し易いわけです。

 

しかしこの特性はそれ以降弱まっていき、僕たち大人になってしまうと正確に聞き分けられるようになるためにはかなりの訓練が必要になります。

 

そしてそのせいもあるのか、僕たち大人は、

 

  • 視覚情報に頼って英会話を勉強しがち

 

になります。

 

英会話の勉強をしようと、こんなことをしたことがありませんか?

 

  • 参考書に書いてあった英会話フレーズ集を読んで勉強
  • 単語帳の単語を読んで勉強
  • 映画やドラマの英語字幕を読んでいたら実際の声を聞いていなかった

 

……ぜんぶ駄目です。

書かれた英語の勉強ならいいのですが、英会話の勉強としては間違っています。

 

なぜなら、

 

  • 英会話=音声を使った情報のやりとり

 

だからです。

 

極論すれば、

 

  • 英会話が『できるようになる』まで英語を読めなくても問題はありません

 

『できるようになる』と書いたのは、できるようになったら英文を読んだり、単語を勉強してつかえる文や単語を増やしたほうがよいからです。

 

でもどうやったら『英会話ができるようになった』と呼べるのでしょうか?

 

それは、

 

  • 必要最低限の単語を知っている
  • 必要最低限の文法を知っている
  • 必要最低限の単語と文法で作った文の発音が相手にきちんと理解される

 

というものです。

 

具体的に書くと、

 

  • 発音(プロソディ・調音)の習得
  • 中学校英文法の習得
  • もっとも使われる1000英単語(88%の日常会話が成り立つ)を覚える

 

になります。

 

この間、

 

  • どれだけ書かれた英語から意識をそらして音声に集中して覚えられるか

 

が英会話ができるようになるキーとなってきます。

書かれた英語をすべて無視する必要はありません。

ただそれをメインとしなければよいのです。

 

参考:

【外国語を勉強する前に知っておきたい発音の『調音』と『プロソディ』の違いの重要性】

【英会話:リーディングを捨てよ、英語を話そう】

【英語のスピーキングが難しいのは勉強する順番を間違えているからです】

 

 

スポンサードサーチ

大人でも英会話ができるようになります

 

 

子どもじゃないから英会話を身につけることができない、という間違った考えは捨てましょう。

 

きちんとした対策をとれば、大人でも英会話ができるようになります(他の言語も)。

 

諦めていると脳ができることも出来なくなってしまいます。

認識を新たにして英語を話せるようになりましょう。