【留学したてで気を付けることはこの3つです】

僕はフランスに来て最初の2週間は語学学校に通いました。

 

そんな僕がその2週間で気を付けていたことについて書きます。

 

 

留学初期時に特に気を付けたいのはこの3つです

 

 

結論から書くと、

 

  1. 時間
  2. 地理
  3. 防犯

 

です。

 

 

スポンサードサーチ

留学初期時は時間間隔が飛びます

 

まずは何より時差です。

時差のせいで時差ボケが起きることもあります。

 

そして、それまでの生活と違った指定時間が現れます。

ホストファミリーのもとでお世話になるなら、

 

  • 朝食の時間
  • 夕食の時間
  • シャワーの時間(就寝時間)

 

などの決まりは初日のうちの確認しておきましょう。

できれば書いて部屋に貼っておくとよいです。

 

夜シャワーを浴びがちな日本人的には、何時までシャワーを使っていいのかも忘れずにチェックしておきましょう。

 

僕がお世話になったホストファミリーは老夫婦で夜が早かったので、夜の7時までには入ってほしいと言われていました。

 

 

スポンサードサーチ

初めての土地は迷いやすいです

 

留学初期は見るものすべてが珍しくて、いろいろなものを眺めながら歩いていると高確率で道に迷います。

 

僕はふだん1度2度地図を見たらだいたい迷わず行けるのですが、やはり留学初期は何度か迷ってしまいました。

 

アプリの地図もいいのですが、観光案内所などへ行って大きめの地図を手に入れておくとよいです。

 

 

スポンサードサーチ

留学初期は特に防犯に気を付けましょう

 

防犯は常に気を付けておきたいことですが、留学初期は特に狙われやすくなります。

 

先にも書きましたが、留学初期はいろいろなものが珍しくてあちらこちら興味深く見てしまいます。

 

その行為を犯罪者は見逃しません。

特にスリには気を付けましょう。

カバンには百均のでもよいので南京錠で施錠しておいてもよいくらいです。

 

ちなみに僕が学校で知り合った日本の大学生は、留学一週間目に財布をすられていました。

いわゆる肩掛けでチャックもついていないカバンでした。

 

ついでにホストファミリーにどの地区は危険なのかなどを聞いて確認しておくのもよいです。

 

ささいなことから大きな問題に発展しやすいのが留学。

3つのことに気を付けて気持ちの良い留学をすごしましょう。

 

 

合わせて読みたい: