【フランス留学の生活費は東京より高くないです】

フランスのニース大学に留学中の管理人です。

フランス生活って聞くとお高いイメージがありませんか?

 

でもフランスにいると逆に、

 

日本で暮らすのって高いんでしょ?

 

とたびたび聞かれます。

 

実際はどうなんでしょうか?

 

 

東京と同程度か安い生活費

日本に行ってみたいけれど、高いんでしょ?

 

とフランスにいる人に聞かれたとき、僕は

 

いや、東京に住んでいたときと同じくらいか安くすんでいるよ

 

と答えています。

そして実際そうです。

 

 

スポンサードサーチ

生活費が高くない理由

 

僕はフランスの南、ニースに住んでいますが、控えめにいっても食費は高くありません。

 

固定費である家賃はすこし高いですが、それを補完するかのように他への出費が安いです。

 

 

僕(ニース在住)の場合、

 

  • 家賃
  • 食費
  • 交通費
  • 携帯電話費
  • 雑費

 

合わせてだいたい月700ユーロほどです。

留学中高かった1ユーロ130円計算しても91000円。

10万円を超えるのは、旅行へ行ったりした月のみです。

 

そして僕が東京練馬区に住んでいたときの生活費は約10万前後でした。

10万円生活をしていたのでその金額でした。

 

 

スポンサードサーチ

月10万円以下生活はこんな感じです

 

家計簿を見ると、先月の生活費は606ユーロでした。

内訳は、

 

家賃475ユーロ

(家の保険、電気、水道、インターネット、テレビ契約込み)

 

食費73ユーロ

 

交通費10ユーロ

(バス・トラム共通券10回)

 

雑費48ユーロ

(ズボンが破けたので新しいのを購入。歯ブラシなど)

 

です。

 

固定費である家賃が一番高くついています。

ネットや電気水道がついていて約6万円ほどです。

4人でルームシェアしています。

 

学生なら学生寮という手もあります。

僕の友人は1月320ユーロの寮に住んでいます。

 

僕はアパートから海まで徒歩3分なのでお値段がこれでもまんぞくしています。

 

別の固定費である携帯電話代は、

 

プリペイド式で3ヵ月に1度20ユーロ

(bouyguesのcarte classique)

 

なので先月は支払いがありませんでした。

 

固定費になりがちな交通費はレンタルサイクリングの年間パス(25ユーロ)で抑えています。

1年で割っても月2ユーロちょいです。

 

そしてバスは距離ではなく1回1・5ユーロです。

 

固定費以外の食費は月70~80ユーロくらいですが、僕はフランスに来てから15キロ太るということをやらかしているくらい豊富に食材を揃えることができます。

 

あとは遊興費などですが、よほど高いイベントなどに行けばお金がかかりますが、そうでなければ無料でさまざまなイベントが毎月行われています。

 

そしてニースには何より海がありますから、海へ行けばそれだけでイベントです。

 

結局、雑費もお金があまりかかりません。

 

 

でもパリなら高いんでしょ?

 

確かにパリは高いかと思います。

しかし高い理由は、家賃と遊興費です。

 

しかし僕は昔ワーキングホリデーでパリに1年住んでいましたが、その時も実は月8万円くらいでした。

生活は今と同じような感じでした。

 

パリに住んでいたときも太りました。

日本に帰ってきて痩せました。

 

つまるところ、フランスは安くはないけれど、高いとも言えないのではないでしょうか。

 

なぜなら10万円の生活費を高いというか安いというかは人によるからです。

 

月10万円の生活費が高いと思うなら、フランスは高いです。

そうでなければフランスは高くありません。

むしろ東京なんかよりよっぽど安いです(僕が太ってしまうくらいに)。

 

  • パリの中心で
  • 一人暮らしをして
  • レストランで食事して
  • オペラやコンサートに足を運ぶ

 

そんな生活をしたいと思わないのなら、全然高くないかと個人的には思います。

 

インターネットでフランスの生活費とググると、

 

1000ユーロが毎月の最低料金(削れるまで削ったあとで)

 

とでてきます。

 

しかし毎月1000ユーロ好きに使っていいよと言われた場合、僕なら毎月どこかへ2泊3日旅行へ行けてしまえます。

 

謎過ぎます。

フランスの生活費は安くはないけれど高くもありません。

 

もし留学したいけれど生活費で悩んでいる場合は僕の生活費も参考にしていただければと思います。

 

 

合わせて読みたい: