【超短期1週間留学に意味はあります】

1週間留学とかやる意味あるのと悩んでいませんか?

実はあります。

 

 

超短期留学はブースターになる可能性があります

 

1週間という短い期間(語学学校最低受付期間は1週間です)は、それ以上の中短期の留学よりも意味があります。

 

それは、

 

  • 英語の勉強を継続させるというモチベーションをあげることができる

 

ということです。

 

 

スポンサードサーチ

1週間留学で学習動機をあげるとよいこと

 

1週間留学は志望校見学に似ています。

受験勉強中に、

 

  • なんでこんな勉強しなきゃいけないのだろう……
  • 実際の学生生活が不安だな……
  • どんなところで勉強するのかな……

 

と不安になったときに行っておきたい志望校見学。

 

それと同じように例えば英語を勉強しているときに、

 

  • なんで英語を勉強しているのだろう?
  • 将来に本当に役立つのかな?
  • やらなくてもいいんじゃない?

 

などという不安がでてきたりします。

そういうときに超短期で1週間の留学というのが役に立ちます。

 

なぜなら

 

  • 英語を使って生活し続けたいという気持ちをもてるから

 

です。

実際に英語で生活が行われている国へ行って生活することで、その世界に自分が将来的にいることを具体的にイメージできるようになります。

 

具体的なイメージは意欲につながります。

英語を話せる自分を強くイメージすることにより、英語の勉強を積極的に続けることができるようになります。

 

そして脳的にも積極性(楽しみ)というのはとても大切です。

積極的であればあるほど、勉強したことは身につくからです。

 

 

スポンサードサーチ

1週間留学が中短期留学よりベターな理由

 

でも最低数か月はいないと英語が身につかないんじゃ……という不安があるかもしれません。

 

安心してください。

数か月で英語は身につきません。

留学当初から英語力があり、留学を実技練習の場として使うのなら中短期の留学にも意味があります。

しかし0の状態で数か月の留学をしても身につくのは挨拶と数字の数え方くらいです。

 

それに比べると1週間留学というのは、英語を身につけるというよりは、英語を使った将来的な生活を具体的にイメージし、学習意欲を高めるという目的に絞られます。

 

それに1週間留学なら英語を身につかないことはあたりまえだと割り切れます。

気兼ねすることもありません。

 

 

スポンサードサーチ

(重要)1週間留学で気をつけること

 

1週間留学ではただでさえ期間が短いですから、学校選びを慎重にしなければなりません。

特に以下の2点は確認しておきましょう。

 

  • 月曜日から授業があるのか
  • 留学したい週に祝祭日があるのか

 

です。

 

月曜日から授業があるのか

語学学校の多くでは月曜日にレベルチェックのテスト(プレイスメントテスト)とオリエンテーションが行われます。

 

時間としてはそんなにかからないのですが、1週間留学ならばその後に授業が始まる語学学校を選びたいところです。

 

留学したい週に祝祭日があるのか

祝祭日は学校は休みになることがほとんどです。

なるべく平日に祝祭日がない日を選びましょう。

 

そしてどういった学校がこの条件に当てはまるのかはなかなか調べにくいです。

一校いっこう調べていくのにもかなり時間がかかります。

 

そういうときは留学エージェントに相談するのが一番の近道です。

相談だけなら無料とかはよくあるので、利用して自分の予定にあった留学先を見つけましょう。