【リスニング(聞き取り)の練習のときは文字を追わないようにしましょう】

たとえば英語の聞き取り能力を強化しようとしていて字幕付きの映画を見ているときに、

 

言ってることとスクリプトに書いてあることが違う!

 

と思ったことはありませんか?

 

 

英語の発音を知らないと英語で読むことはできません

 

 

英語の発音を知らなくても、アルファベットの読み方を知っていれば僕たちは英語を読めます。

ただし日本語の発音で読むことになります。

 

日本語の発音で英語を読むことに慣れてしまうと、実際の英語を聞きながら英語の文章を読もうとしても、英語の音は耳に入ってきません。

 

 

スポンサードサーチ

英語の発音を知らなくても英語は読めます

 

 

アルファベットの読み方を知っていれば、英語を読めるようになります。

いわゆるローマ字読みというものです。

 

しかしそれはもちろん『英語を読めている』という幻想です。

実際には英語の発音ではなく日本語の発音で英文を読んでいるからです。

 

そしてその状況に慣れると

 

  • 英語で英文を読むことができなくなる

 

ことに。

一度文字と音声(日本語発音英語)を関連付けてしまうと、修正するのにかなりの苦労が要ります。

 

 

スポンサードサーチ

英語で英文を読めるようにする対処法

 

 

日本語で英語を読むようにならないための対処法は、

 

  • 英語の音に慣れ、発音の知識を学んで実践に慣れるまで英文を読まない

 

ことです。

しかし受験などでそういうことが無理な時もあります。

そういうときは、

 

  • 音で覚えるまで英文を読まない

 

ことです。

音源と英文があるなら、音源だけをまず覚える。

それから英文に目を通しましょう。

 

覚えた英語の音を実際の英文に当てはめていくイメージです。

 

 

スポンサードサーチ

リスニングの練習は音を覚えることが何よりも大切です

 

 

リスニングの練習に英語のスクリプトや字幕があっても、音に慣れるまで読まないようにしましょう。

 

  • 音を覚える→英文に目を通す

 

はOKです。

しかし

 

  • 英文を見ながら音を聞く

 

はしてはいけません

すればするほど、英文と実際の発音との音の乖離に悩まされるだけです。

 

文章や文字はあくまでも音の補助。

補助である英文にまどわされず、音を第一に考えましょう。