【アイスランドで行きたい安いスーパーBONUS】

何かと物価の高いアイスランド。

ホステルで自炊したいときには安いスーパーへ行きましょう。

夜に空港についてしまって安いスーパーへ着いてしまった場合は、安めの商店で食材を買いましょう。

 

 

レイキャビックで安いスーパーはBONUS

 

 

日中に3つのスーパーを散策しました。

結果は

 

  1. BONUS(一番安い)
  2. KRONAN(二番目に安い)
  3. 10-11(爆発的に高い)

 

というものでした。

 

 

レイキャビック最安値スーパーBONUSの弱点は時間

 

 

BONUSは閉まるのが早いです。

18時台には閉まってしまいます。

 

ちなみにKRONANは21時まで。

10-11は24時間です(だから高いのかも)。

 

 

 

 

レイキャビックに夜ついてしまった場合のスーパーは?

 

 

僕はレイキャビックに21時過ぎに着きました。

そうすると安めのスーパー、BONUSもKRONANも閉まっています。

 

 

かといってその時間に開いている外食は高い。

スーパー10-11も高い。

 

というわけで探した結果、

 

  • Krambúð

 

 

 

というところが比較的安そうな評判だったので行ってみました。

日本の小規模なコンビニほどの大きさです。

バナナ2本と袋めんで236ISK(200円くらい)でした。

ちなみに10-11だと、ドリトス1袋で600ISKくらいします(;’∀’)

 

場所的にハットグリムス教会に近いのもよかったです。

ライトアップされていて綺麗でした。

 

 

それでもやっぱり高いので、翌日BONUSで食材を調達しました。

 

3日分の野菜や袋めん、ヨーグルトやパンやソーセージ、お菓子を購入して1530ISKでした。

 

 

BONUSはレイキャビックにいくつかあるので食費を抑えたいときはぜひ行ってみましょう。

 

合わせて読みたい:

【アイスランド・空港~レイキャビック間をローカルバス55で半額で済ます方法】