【フランスで働くときはフランス語だけでなく英語もできたほうがいいです】

フランスで働くときに英語のスキルは要るの?

フランス語だけじゃダメですか?

どうやって英語力をつけたらいいの?

 

 

フランスでも英語力が必須になってきています

 

 

日本でも英語ができるほうが就活に有利なように、フランスにおいても英語ができるほうが何かと有利に働きます。

 

大学、大学院などに進めば読まなければならない学術論文は英語で書かれたものが多くなり、就活のときはCV(履歴書)に英語のレベルを書いておくことはマストです。

 

 

スポンサードサーチ

フランス語が英語ができないとこんなことにも

 

 

大学院の授業にはまずついてこられないと思ってよいでしょう。

僕がいた言語学の修士コースでは、フランス人のクラスメイトが英語で書かれた学術論文を読めるだけの英語能力がなく、最終的に全員辞めてしまいました(汗)。

 

フランスは日本以上に学歴社会なので、最低でも修士1年目(Bac+4)の資格がないと就職が厳しいと言われています。

 

そのため、辞めてしまったクラスメイトは仕事を見つけられずにいて、再度修士を受けると言っています。

 

参考:

【フランスの大学へ留学するなら英語も勉強しておきましょう】

【フランスの大学で英語が必須?】

 

反対に僕のルームメイトのアメリカ人はフランス語はほとんどできませんが、英語ができるということでパリで就職が決まりました。

 

 

スポンサードサーチ

フランスで日本人が英語を学ぶ場合はオンラインがおススメな理由とは

 

 

というわけで、フランスで働こうと思ったらやはり英語ができたほうが断然有利なわけです。

 

しかしフランスにいたりすると、駅前留学や英語学校に行くことも難しくなります。

 

なぜならフランス人英語教師か英語を母語とする英語教師しかいないため、

 

  • 英文法やその他の解説を理解するために必要なフランス語力
  • 英語を学ぶための英語力

 

が必要になるからです。

英語の時制の説明をフランス語で理解できなければアウトだし、英語で説明されてわからなくてもアウトです。

 

特にフランスで働いている英語教師はフランス語話者がつまずきやすい英語の落とし穴は知っていますが、日本人のそれは知らないことが多いです(もともと日本で働いていたとかなら別)。

 

そこでおススメなのが日本人向けの英語教師が揃っているオンライン英語教室です。

 

これならば例えばALIGO(アルーゴ)というサービスなら授業はネイティブそして英文法解説は日本語講師がしてくれます。

 

またEigoru(エイゴル)といったオンラインレッスンなら、比較的お値打ちな値段でネイティブの先生から英語を学ぶことができます。

もちろん学習者が日本人だということが前提なんので、僕たちが英語学習時に陥りやすい落とし穴に関しては熟知しています。

 

そしてDMM英会話なら24時間好きな時間に勉強できるので、フランスにいても時差に関係なく学ぶことができます。

 

どのレッスンも体験無料レッスンや満足しない場合は返金対応をしているので、1度試してみるのもよいかと思います。

自分に合わないなと思ったら辞めてしまえばよいのです。

 

日本語とフランス語に加えて英語もできればフランスではほぼ無双できます。

便利なオンラインレッスンをぜひ利用してみましょう。

 

参考:

【英会話、英語を学べるオンラインレッスンの比較】