【英語初心者は英語のスペルを覚えなくてもいいです】

英語のスペル(綴り)は大切です。

スペルがわからないと、単語も英文も読めませんから。

 

しかし、それは罠です。

 

 

初心者がスペルを覚えると英会話が上手になりません

 

 

英語を学ぶ理由が英会話にあるのなら、スペルを勉強しないようにしましょう。

 

なぜなら、初心者がスペルを身につけると英会話が下手になる可能性がどーんと増えるからです。

 

 

スポンサードサーチ

スペルを覚えると英会話が上手にならない理由

 

 

結論から書くと

 

  • スペルと発音は一致していないときがある
  • スペルでプロソディは書き表せない

 

からです。

掘り下げてみましょう。

 

 

スペルが発音と一致していないときがある

 

わかりやすいようにまずは日本語の仮名を例にとって説明します。

 

↑この文字をどう読むか知っていると思います。

アルファベットで書けば、SU。

SとUです。

 

じゃあ『す』はいつも『SU』と読むでしょうか?

 

読みません。

 

『おはようございます』の最後の『す』は『SU』ではなく『S』です。

息を吐いているような音。

もしそれを『SU』のように言うと、関西の人の挨拶になります。

 

共通語では本当は違う音である『SU』と『S』の2つ音を、日本語では『す』の1文字で表しているわけです(カタカナの『ス』も同じです)。

もっと言えば日本語が母語である僕らの頭の中では『S』と『SU』の音の区別ができていません

 

このように、

 

  • ある外国語の中で、実際にはいくつかの音があるのに、1つの音だと思わせるそれぞれの音のことを異音

 

と呼びます。

 

発音していると思っている音と実際に発音している音の間に違いがあるということです。

 

英語にも同じように異音があります。

例えばwater (水)。

真ん中のtはdに近い音で発音されていて、tとは発音されません。

takeとwaterのtの発音を比べると違いは明白です。

しかし英語のネイティブは同じ音だと思っているからtをスペルとして使っています。

 

 

スペルでプロソディは書き表せない

 

プロソディは言葉のメロディです。

アクセントやイントネーション、音の長短、音節、上り調子や下り調子などなどです。

 

単語にはアクセント。

文にはイントネーションがあります。

 

英語のスペルを覚えても、プロソディはわかりません。

ここを強く言うというような特別な記号はないからです。

 

そしてプロソディは『ネイティブらしさ』を作ります。

日本は大学を卒業した人でも英会話がまともにできないことで有名ですが、ほとんどの場合このプロソディができないことが原因だったりします。

 

参考:

【英語・フランス語etc、外国語を勉強するときはプロソディも重要です】

 

 

スポンサードサーチ

発音が一致しなくてもプロソディがわからなくても一応は英語が読めるんじゃないの?

 

 

たしかにスペルを覚えると英語を読めるようになります。

しかし考えてほしいことがあります。

 

その音は実際にネイティブによって発音されている音でしょうか?

もし文も読めるというのなら、プロソディはネイティブのそれでしょうか?

 

ほとんどの場合、違います。

スペルを勉強して実際の音を一致させることができるのは、ネイティブの子どもだけです。

 

英語ネイティブの子どもは英語を聞いて育ち、英語を話せるようになり、それから学校などでスペルについて学びます。

 

つまり初めから英語を話せることができるし、英語を話せるということは発音もできることです。

 

ネイティブにとっては、スペルの勉強というのは発音にスペルを合わせることです。

 

しかし日本人が英語も話せないし、きちんとした発音(調音・プロソディ)も出来ないうちにスペルを覚えてしまうと、スペルに発音を合わせることになります。

 

ちなみに最悪なケースが英語のスペルをカタカナで表した音で覚えてしまうことです。

カタカナ音は日本語の音で英語の音とはまったく違うので、カタカナ音でスペルを覚えてしまうと、その後の英語学習の上達は難儀になります。

 

 

スポンサードサーチ

スペルを勉強する前にしたいこと

 

 

スペルに発音を合わせるのではなく、発音にスペルに合わせることがたいせつです。

 

言い換えれば、初心者は発音を覚えてからスペルを覚えるという順番のほうがよいです。

 

初心者以上で、もしすでにスペルを覚えていて、発音がいまいちと思っているのなら、しばらく英語を読まないで映画を見たりニュースを聞いたりするようにしたほうがよいです。

 

日本語字幕を一瞬見て意味を理解し、あとは音に集中します。

 

英語字幕を追っていると、頭の中にできるのはスペルを覚えた時に頭の中でコネクションを作ってしまった偽りの英語の発音です。

 

発音(いわゆる調音)やプロソディに慣れたら英字幕を付けるのもよいかと思います。

 

もしくは実際に英会話をして、直され直すことを繰り返すのも手です。

身近にネイティブの知り合いがいなくて練習できそうにないのなら、オンライン英会話なども活用してみるのも手かと思います。

 

参考:

【1回切り数百円から。最低契約期間の総額別・おすすめ英会話オンラインレッスン16社】