【海外旅行SIMカード・複数の国へ行くなら無期限データのKeepgoがおすすめです】

海外旅行にでかけたときにネットが使えると便利です。

ホテルやホステルのwifiだけでなく、町中で使いたいときにあるといいのが海外SIMカード。

簡単に言えば、日本以外でもネットが使えるちっこいカードです。

 

 

こんな人にKeepgoがおすすめです

 

 

  • 複数の国に旅したい
  • 比較的長期間旅したい
  • 国が変わるたびに現地のsimカードに交換する手間と料金を抑えたい
  • インターネットだけできればいい(電話やショートメールはなくてもよい)
  • せっかく買ったデータを無駄にしたくない(長期間使いたい!)

 

 

スポンサードサーチ

気になる値段や期限、使える国は?

 

 

  • 1枚49ドル(1ギガのデータが最初から使えます)
  • 日本を含む200地域に対して送料無料

 

料金体制

 

  • 500メガ=14ドル
  • 1ギガ=26ドル
  • 3ギガ=61ドル
  • 10ギガ=165ドル

 

そして有効期限ですが

 

  • 年1回チャージをすれば購入済みのデータは無期限

 

です。

つまり、今年1月に買った容量がもし残っていて、翌年の1月までに最安の500メガを買えば、

 

残っていた容量+500メガ

 

が使えます。

さらに翌々年までにまた500メガを買えば同じように3年分残ることに(めったに無いと思いますが…)

 

このへんは有効期限1日とか3か月の縛りがある他のsimカードとは違います。

 

 

使える国

 

  • 日本を含めて120地域以上

 

なので、日本の携帯を解約して旅にでたけどちょっとだけ日本に戻ったときにも問題なく使えます。

 

→Keepgoの購入はこちらから(今なら10パーセントオフ)。

 

 

スポンサードサーチ

実際の使い心地は?

 

 

僕はこの夏、フランスからKeepgoを使い始めました。

その後ドイツ、オーストリア、ハンガリー、スロバキア、ポーランド、チェコ、アメリカ……と旅しましたが、どの国でも問題なくネットが使えていました。

 

その間、simカードを変更することもなく、動画などのデータの重い物は宿で見るようにしていたら、最初についてくる1ギガはまだ半分以上残っています。

 

結果として、3ヵ月以上旅していますが、いまだsimカード代は初めの49ドルしか使っていません。

 

ちなみに電話がしたい場合は、LINEやSkypeを使います。Skpyeなら、有料ですが自分の電話番号を持つこともできます。

 

→Keepgoの購入はこちらから(今なら10パーセントオフ)。

 

 

スポンサードサーチ

Keepgoの使い方

 

 

必要なもの。

 

  • KeepgoのSimカード
  • Simフリーの(もしくはSimロック解除された)携帯電話(Iphoneでもアンドロイド携帯でもタブレットなど)

 

です。

 

カードが着いたら、

 

keepgo.com/activate

 

にカードに書かれているプロダクトナンバーや名前やアドレスを入力送信することによりアクティベートできます。

 

その後、Simカードを入れて携帯を立ち上げると自動的にセットアップされるかと思います。

 

またKeepgoのアプリをダウンロードしておくのもよいです。

アクティベート時に登録したアドレスでサインインでき、簡単にデータを追加購入もできるし、現在の残りデータ量も知ることができます。

また、会員登録時に登録したアドレス宛に、データ量の残高が少なくなったりしたら連絡が来るので使おうと思ったらデータがなかった!ということも避けられます。

 

国が変わるごとにsimカードを変えたくない方、買ったデータは無駄にしたくない人は海外旅行前に購入しておきましょう。

 

→Keepgoの購入はこちらから(今なら10パーセントオフ)。