【英語初心者がしてはいけない勉強法】

僕は中学時代英語で0点を取ったことがあります。

そんな僕ですが、数年前に受けたTOEICは850点。

そして今は英会話にも抵抗ない感じです。

 

まだ目指せる上はありますが、このレベルになるまでに色々なことを試してきました。

が、そのなかでも特に

 

  • 習いたての頃にやって無駄だった
  • むしろ邪魔になった

 

勉強法を紹介します。

 

 

英語の勉強を始めるさいにやってはいけないこと

 

 

個人的な経験からですが、英語学習初期にやっても意味のない勉強方法は、

 

  1. 単語から覚える
  2. 文法を勉強する
  3. 英語の字幕付きで映画やドラマを見る

 

でした。

ほりさげてみましょう。

 

 

スポンサードサーチ

単語から覚えることが初期の英語学習に意味がない理由

 

英語の勉強を始めようと単語帳を買ったり単語カードを作るのはやめましょう。

 

単語単独で勉強するような本の場合、まず記憶に残りません

なぜならおもしろくないからです。

 

脳には短期記憶と長期記憶というものがあります。

今日のお昼に何を食べたのかなどは短期記憶で一週間後には忘れていますが、自分の誕生日の日付は長期記憶でなかなか忘れません。

 

短期記憶から長期記憶に移行するには、リピートすることも大切ですが、感情が伴っていること、ストーリー性があることがさらに大事だとされています。

 

単語帳はリピートにはいいのですが、感情やストーリー性がありません。

例文が載っていても、初心者には文法の弊害があって記憶に残りにくいです。

 

たとえ繰り返して読むことによって記憶に残っても、発音の問題があります。

 

 

カタカナで覚えるような単語帳はまず絶対禁止です。

カタカナで英語の発音を覚えることは不可能です。

最低でもネイティブの音声が入ったものでなければいけません。

 

カタカナ発音や自分でアルファベットを読んで作り上げた疑似発音で単語を覚えてしまうと、後から修正が難儀になります(本当に難しいです!)。

 

 

スポンサードサーチ

文法を勉強することが初期の英語学習に意味がない理由

 

 

文法は単語がないと読めません。

初心者が単語を勉強するべきでない理由は上の通りです。

 

でもやっぱり文法がわからないと文が作れないよね、などと思って文法を勉強すると(過去の自分)、

 

  • 英語で文を作れるようになったけれど、話しても誰も理解してくれないし言ってることもわからない

 

という状態ができあがります。

 

理由は簡単です。

 

  • 文法は単語の集まりです
  • 単語を読まないと文が読めません
  • 単語を読むときにアルファベットを読んで勝手な発音で読んでしまいます

 

結果として、

 

  • 勝手な発音で作った英文ができあがる

 

からです。

そのため、勝手な発音(日本語を元にした)が理解できる日本人にはわかるけれど、他の国の人にはまったく通じない英語になります。

 

じゃあ、音声付きの文法書ならいいんじゃないの?というわけなんですが、おすすめできません。

 

なぜなら僕の知っているかぎりですが、すべての例文、単語を音声化している文法書は存在していないからです。

 

 

スポンサードサーチ

英語の字幕付きで映画やドラマを見ることが初期の英語学習に意味がない理由

 

英語の発音に慣れなきゃね、と思って英語字幕付きのDVDなどで勉強しようとすると高確率で挫折します。

 

なぜなら使われている単語も文法もキャパシティ越えしていて、10分見るだけでも嫌になります

 

さらに文法も単語もまとまりがありません

急に難しい文がでてきたかと思ったら、中レベル、また高レベルの文になったりして、調べているだけでも大変になり、嫌になります。

 

英語字幕を使って映画やドラマなどを見るのは、ある程度英文法の知識も単語も知っている中上級からです。

 

 

スポンサードサーチ

英語初心者がしたほうがよい勉強方法は?

 

 

英語初心者が単語や文法よりまず勉強したほうがよいのは、

 

 

  • プロソディ

 

です。

 

→プロソディとは?プロソディの勉強方法とは?