【カタカナで英語を勉強すると発音ができなくなります】

カタカナで学べる英語の参考書とかを探していませんか?

やめましょう。

上手に英語を話せるようになりたいのなら。

 

この記事を読むと

 

  • カタカナで英語を学ぶことが『まったく』おすすめできない理由
  • 日本語のプロソディというものがカタコト英語化に影響している
  • 英語を言えるようになるおすすめの勉強方法

 

がわかるようになります。

 

 

 

 

 

英語をカタカナで覚えてしまうとカタコト英語になります

カタカナでルビのふってあるような英語の単語帳や文法の参考書で英語を学ぶと、最終的には英語を話すときにカタコト英語になってしまいます。

 

なぜなら、

 

カタカナを読むときに、日本人は日本語の音のルールを自然とあてはめてしまう

そのため英語をカタカナで読んで覚えてしまうと、日本語っぽい英語(カタコト英語)で話すようになってしまう

 

からです。

 

たしかにカタカナがあるとアルファベットで書かれた単語の読み方がすぐわかって便利です。

しかしもし将来的に英語が話せるようになりたいのなら、まったくおすすめできません。

 

もうすこしその日本語の音のルールについて詳しく見ていきましょう。

 

 

スポンサードサーチ

カタカナで英語を学ぶとカタコト英語になってしまう理由

結論から書くと、発音のなかのプロソディが原因です。

日本語はいつも母音があるけど英語にはない~とかは聞いたことがあると思います。

しかし、それだけではカタコト英語にはなりません。

 

問題は日本語のプロソディのせいなんです。

プロソディというのは、各言語固有のメロディやリズムのようなものだと思ってください。

アクセントといったものも含まれるのがプロソディです。

 

各言語固有ですから、日本語にもとうぜん日本語のプロソディというものがあります。

僕たち日本人が日本語を話すときには当然日本語のプロソディの影響を受けています。

 

もちろんカタカナで読むときにも日本語のプロソディの影響は如実に現れます。

たとえばさっきからでている

 

プロソディ(prosody)

 

という言葉を読むとき、ロの音がプより高くなっていませんでしたか?

それは日本語のプロソディがしっかり身についていて、自然とルールを適応しているからです。

 

そうなんです。

僕たち日本人は、カタカナを読むときに自然と日本語のプロソディのルールを適応してしまうのです。

ですからカタカナで英語を覚えてしまうと、カタコト英語(日本語のプロソディを使いながら話す英語)になってしまうのです。

 

ではどうやって、英語のプロソディを身につける勉強をすればよいのでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

英語のプロソディを身につける勉強方法

 

実は意外と簡単に英語のプロソディを身につけることができます。

その方法とは、

 

日本語字幕で英語のドラマや映画を見ながらプロソディシャドーイングをする

 

というものです。

プロソディシャドーイングの方法については、ああああああああああああに詳しく手順をまとめたので、よかったら参考にしてください。

 

スポンサードサーチ

カタカナで英語の発音を覚えないこと始めると、やがて英語が上手に話せるようになります

 

いつか英語を流暢に話せるようになりたいのなら、カタカナで読んで学ぼうとはせず、英語のプロソディから学ぶようにしましょう

すでにカタカナで覚えてしまっている場合も、まだだいじょうぶです。

ただいな時間はかかりますが、音だけで学びなおせば英語らしく話せるようになれます。