【カタカナで英語を勉強すると英会話ができなくなります】

英語の発音が難しすぎてカタカナで読み方が書いてある参考書とかを買ったりしていませんか?

 

 

英語をカタカナで読む習慣で英会話が不可能になります

 

 

カタカナは便利です。

数年前からはカタカナとひらながを混ぜて英単語や英文を読ませようという本もあります。

しかし、

 

  • カタカナもひらがなも英語の音を表せないのでネイティブには通じません

 

 

スポンサードサーチ

カタカナで英語だと通じない英語になる理由

 

 

結論から書くと、

 

  • カタカナ(やひらがな)で日本人が認識している音と英語のネイティブが認識している音が違う

 

からです。

なぜならカタカナ発音で勉強すると、

 

  • 子音や母音の認識
  • 音節数の違い
  • アクセントのルールの違い

 

で英語の発音とかけ離れるからです。

 

 

以下、ほりさげます。

 

カタカナとひらがなは使用場所が違うだけで、同じ音を表しているので以後は主にカタカナについて書きます。

 

日本語のカタカナやひらがなは音節文字と言われます。

 

音節文字は音節を表した文字です。

音節はある言語で一番最小の音のまとまりのことを指します。

 

たとえば、『カ(か)』という文字はローマ字で書けば『ka』。『k』『a』の2つの文字で書かれています。

しかしカタカナやひらがなの『カ(か)』の文字を2つに分解することはできません。

 

日本語のカタカナやひらがなは、基本的には『1つの子音+1つ母音』を表しています。

 

しかし英語の場合、『複数の子音+母音』だったり『子音+母音+子音』が1つの音節とされているものもあります。

 

ドラゴンボールでおなじみのドラゴンは日本語だと4つの音節ですが、英語だと2つの音節です。

つまりDraとgon。

 

この時点で日本人は4つの音節で発音してくるのに対して、実際の英語では2つの音節で発音しなくてはいけないので相互で理解ができなくなります。

 

 

ローマ字で書いた『k』は子音、『a』は母音と呼ばれています。

音節を分解したものです。

 

音声を出す時に、

 

  • 自由に空気が体内からでている音を母音(いわゆるa,i,u,e,o)
  • どこかで空気を一度止めたりと不自由な音を子音

 

だとされています。

 

さきほど、カタカナやひらがなは音節文字だと書きましたが、日本語の場合基本的に母音と子音の分かち書きができません。

 

基本と書いたのは、子音だけでもあるからです。

たとえば『ん』はローマ字だと『n』です。

 

日本語では『ん』の音も『あ』や『の』などといった音と同じように1つの最小単位の音のまとまりとして認識されているわけです。

 

しかしたとえば英語のkissをカタカナでキスと読むようになってしまうと、

 

kiss:子音+母音+子音

キス:子音+母音・子音+母音

 

となり、まずは音節の数が違うし、そして英語では子音で終わっているに日本語だと母音で終わっているので、相互に理解できなくなったりします(正確には単語の最後の音は弱く発音されるので、日本語でもキスはkissのように発音されていますが、キス~??という風に言うときは最後に母音が来てネイティブは??となります)。

 

さらにアクセントの問題もあります。

日本語のアクセントには2つの決まりがあります。

 

  1. 1つめの音節と2つめの音節の音の高さが違う
  2. 単語の中で音が下がる回数は1回のみ

 

なので、たとえばドラゴンだと、

 

ド:高い

ラ:低い

ゴ:低い

ン:低い

 

という音になっています。

カタカナで英単語を覚えてしまうと、すべてこのアクセントに従ってしまいます。

もちろん英語には無いルールです。

 

 

スポンサードサーチ

カタカナ英文だと英会話はできません

 

 

  • 子音や母音の認識の違い
  • 音節の違い
  • アクセントの違い

 

で単語単位の時点でネイティブには理解不能ですが、それをつなげた英文ももちろん理解不能です。

 

T.M.Revolutionは『タカノリ・メイクス・レボリューション(タカノリが革命をおこす)』を意味していると以前本人が言っていましたが、ネイティブに『タカノリ・メイクス・レボリューション』とカタカナを読んでも通じません。

 

理由は前段の通りですし、全体的なイントネーションの違いもあります。

 

日本語の場合、タカノリの『リ』、メイクスの『ス』、レボリューションの『ン』で音が下がりますが、英語の場合は違います。

 

というわけで、カタカナで英語を学ぶ弊害についてでした。

英語は音から学ぶのが確かにいいのですが、カタカナ英語にならないように注意しましょう。

 

合わせて読みたい:

【英語を確実に上達させるためにスタート時にしておきたいこと】

【英語初心者がしてはいけない勉強法】