【ボスニア・ヘルツェゴビナのバニャルカ観光情報3・食べ物について】

バニャルカとは

 

ボスニア・ヘルツェゴビナは、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国からなる連邦制国家。

バニャルカはそのうちの、スルプスカ共和国側の最大都市で事実上の首都

 

前回は、自然満喫の観光でした。

今回は食事に関してです。

 

 

自炊

 

バックパッカーや僕のような貧乏学生は自炊をするかと思います。

バニャルカには24時間営業のスーパーもたくさんあり、食材に困ることはありません。

大型のショッピングセンターへ行けばアジア食品コーナーもありまず。

ちなみに僕はツナマッシュルームパスタ醤油焼き、サラミマッシュルームパスタ焼き、なんちゃって冷やし中華を作っていました。

 

 

こんな太いハム(350g)が1・15マルク(52円くらい)

 

 

外食

 

外食もそんなに高いものではありません。

オスマントルコ影響かにあったのか、ケバブ料理も。

僕はMedzlisモスク近くにあったKloopaというファーストフード店でケバブを注文。

 

 

 

 

噛み応えのあるパン。

少量のパセリの香りが、肉の重さを緩和してくれます。

これでお値段3.4マルク(220円)!

しかもこのサイズでSなのです!

 

 

スイーツ

 

スーパーのお菓子コーナーには、何故かウェハウスだけの一角が。

 

 

 

これ、すべてウェハウスです!

 

迷いに迷って、僕がジャケ買い(?)したのはコレ!

 

 

0.99マルク

包装の文字を読むと、こちらではワッフルという認識なのですね。

3枚のウェハウスをチョココーティングで1つにしたような感じです。

甘すぎもせず、よい感じのチョコ加減。

 

 

このクッキーは、ちょっと微妙でした。

口に入れた瞬間、なぜか一瞬灯油(もしくはドリアン?)のような臭いが。

たった一瞬ですが。

味は悪くなかったです。

牛乳と一緒に食べたらよかったかも。

 

 

合宿中よく食べていたお菓子。

滞在2週間で3回買いに行きました。

ルーマニア出身の学生さんも、「地元でよく食べていたのに、ここは安い!」とご満悦。

単純なチョコクロワッサンなのですが、パン生地もチョコも香り高くとても美味。

 

そして猛暑のマストアイテム。

 

 

マルカポルネラズベリーアイスクリーム。

ねっとりとするクリームチーズと控えめの酸味のラズベリー。

100点満点でした。

お店はこちら。

 

 

ソフトクリームも食べました。

 

 

ボスニアンヨーグルト味。

控えめなハチミツとヨーグルト。

赤い線はジャムでしょうか?

こちらもおすすめです。

お店はこちら。

 

 

ふたつともマルカポルネラズベリーは0.9マルク、ボスニアンヨーグルトは1マルクでした。

 

同じ部屋のバニャルカ出身の学生さんに、バニャルカで何を食べたらよいのか尋ねたら、ベーカリーへ行けという返答。

市内観光を終えた帰り道。

ちょっと気になるベーカリーを見つけたので入ってみました。

 

 

店名はマニャ?

 

 

迷いにまよって、選んだのは店先のポスターにもあった。

トフィー。

 

 

せっかく包んでもらったのに、寮に戻ったときに倒してしまいました…。

 

これは……至宝的味!

この記事内のスイーツでは断トツの1位の美味さ!

てか、バニャルカの人のチョコレートの好みは日本人のそれに似ているのかも!

 

 

おまけ

 

 

しょっぱいのが欲しいときはこれ。

スーパーのポテトチップスコーナーで圧倒的に買われていました。

 

 

※記事内のお値段は2018年8月上旬基準。