【ボスニア・ヘルツェゴビナのバニャルカ観光情報2・自然観光】

バニャルカとは

 

ボスニア・ヘルツェゴビナは、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国からなる連邦制国家。

バニャルカはそのうちの、スルプスカ共和国側の最大都市で事実上の首都です。

 

中心街の観光についてはこちらにまとめました

今回はもうすこし足をのばします。

バニャルカ出身の学生さんに教えてもらった場所へ行くためです。

 

 

Vrbas川

バニャルカの南西。

バニャルカをはしるVrbas川を渡り、どんどん西へ向かって行きます。

Vrbas川の水は透明。

両岸は避暑を求める市民の憩いの場。

ベンチで語らったり、運動したり、釣りをしたり。

 

 

小舟もぷかぷか。

 

 

Banj Brdo山

 

バニャルカ出身の学生さんに教えてもらったマストスポット。

バニャルカにある連山のうちの1つ。

標高431メートル

目指すは頂上のモニュメントです。

 

 

この標識が目印。

 

 

この先を右へ曲がると、

 

緑に囲まれた道へ。

森林浴効果か、涼しいです。

 

 

すこし行くとある分岐点は右へ。

 

んん?

馬いた!

 

比較的ゆるやかな傾斜ですが、僕のいるバニャルカ大学のキャンパスから麓まで歩いて1時間あったので、すでにバテ気味。

ところどころベンチが設置してあるので、休みながらも進みます。

昼食はパンとトマト。

家族連れ、ジョギングしている人、友人同士とすれ違う人は多いです。

ちなみに小型バスも走っていました。

 

標高431メートルとはいえ、曲がりくねっている道。

 

しばらくしてようやくモーテルへ到着。

これをさらに進むと、

 

 

モニュメントは左へ400メートルの看板があります。

 

獣道っぽいですが、迷いそうなところには木に印があり良心的。

 

そうしてようやく、

 

頂上モニュメントです!

 

 

頂上からはバニャルカを一望できます。

 

 

さっきまで川岸を歩いていたVrbas川はこんなに曲がりくねっていたのですね。

山風が首に涼しい。

 

 

Kastel城

 

 

 

Banj Brdo山を下り二本目の橋を渡ると、Kastelがあります。

中は広い憩いの場になっています。

中心には修復中の建物もありましたが、残っているのは主に城壁。

地元の人が城壁上で友人たちと語らっていました。

強者どもも夢の跡。

でも、そっちのほうがよいですよね。

 

Kastelの前の道をあがっていくと、前回の記事で紹介したMuzej Republike Srpskeスルプスカ共和国博物館があります。

なのでKastelから中心街までは結構近いです。

 

しかしバニャルカ、緑が多くて心休まる……。