【南仏ニースから日帰り旅行・ロクブリュン観光情報】

せっかくニースに来たからには、周辺にも目を向けてみたいもの。

モナコ、マントン、ヴィルフランシュ、ボ―リュ―=シュル=メール、サン=ジャン=カップ=フェラ……。

今回はそのなかでも中世の街並みの残るロックブリュン村を紹介します!

 

 

行き方

 

ニースPortバス停から100番に乗って約50分。

モナコを越えた所のeme escalierというバス停で降ります。

料金は1・5ユーロです。

 

 

傾斜のある小道を登っていきます。

 

10分ほど行くと到着。

マントンかモナコから乗れる21番バスだと、Le lavoirというバス停で降りると一番お城まで近くなります。

 

 

Château Médieval de Roquebrune城

 

 

ロクブリュンへ来たらここはマスト。

料金は通常5ユーロ

学割で3ユーロです。

 

中世の街並みが残るロクブリュン。

お城から眺めるパノラマは晴天の日には極上なものです。

 

マントンやモナコに比べるとかなり小さな村なのですが、それだけにかなり濃密な香りがします。

 

一日すごしてもよいし、マントンやモナコと組み合わせてもよいかと思います。

モナコを見てからモナコを見下ろすか、モナコを見下ろしてからモナコを見るか、それが問題だ。

 

上記のとおり、21番のバスがモナコやマントンからでています。

なので、

 

・ニース→マントン→ロクブリュン→モナコ→ニース

・ニース→モナコ→ロクブリュン→マントン→ニース

 

というコースもよいかもしれません。

ニース→モナコ→ロクブリュン→マントンというコースなら、時間があまればマントンからVeintimigliaというイタリアの町まで足を延ばし、ニースまで電車で戻ってくるという手もあります

 

参考になれば幸いです!

合わせて読みたい: