【小学生が英語を学んでも意味なくない……?】

小学校から英語の授業が始まるけど……他の教科の授業数が減るのが心配。

英語って小学校からやる意味あるの?

 

あります。

 

この記事を読むと、

 

むしろ子どものときから英語を学ばせたほうがよい理由

 

についてわかるようになります。

 

 

 

 

子どものときから英会話を習わせたほうがよいです

 

小学校3年生から英語の授業が始まります。

つまり小中高と学校教育で英語に割く時間は増えます。

相対的に他の授業の時間数は減ります。

 

しかしむしろ逆に

 

子どものときからしっかり英会話を習わせたほうがいい

 

です。

理由を説明します。

 

 

子どものときから英会話を習わせた方がよい理由

 

子どものときから英会話を習わせたほうがよい理由は

 

  • これからの社会、英語ができない仕事を見つけられなくなる
  • 日本の教育上、中学校に上がる前までにある程度英会話を身につけていない英語が話せるようになるのは難しくなる

 

からです。

なぜならまず、

 

  • 少子化の影響で移民を増やさざるを得ない
  • 移民の中には英語と日本語と母国語ができる人がいる
  • 日本語しかできない人よりマルチリンガルな移民を企業は採用する

 

から。

そして

 

  • 中高大と10年間勉強しても英語を話せるようにならない英語の授業
  • 小学校の英語教育英会話に焦点を当てているのは3、4年生の年35単位のみ(週1ほど)で絶対的に足りない

 

からでもあります。

つまり、

 

  • 英語を話せるようにならないと仕事が見つからなくなるという社会的な要求がある
  • 学校の英語教育では読み書きは出来ても話せるようにならない
  • さらに親が英語を話せない場合は子供の復習にも付き合えないできない子はずっとできない状態に置かれる

 

そのため英会話の練習ができる状態を子どもに作ってあげることが大切になります。

 

しかしどうやって子どもに英会話を習わせてあげればよいのでしょうか?

 

子どもが楽しく安全に英会話を学ぶ方法

 

おすすめは英会話オンラインレッスン。

なぜなら

 

  • 家で参加可能
  • 料金が英語学校に比べて安い
  • マンツーマンレッスンである
  • 子どもと一緒に参加できるサービスもある

 

からです(子供向けのオンライン英会話については料金順・子ども英会話オンラインレッスン13社比較にまとめたのでよかったら参考にしてくださいませ)。

 

 

英語は子供のときから習わせたほうが将来的によいです

 

日本人は英語が苦手な人が多いと言われています。

 

実際にググってみても、他の外国の人からそう思われている検索結果がでてきたります(少なくとも英語とフランス語では)。

 

それは学校での英語教育が読み書き中心だったからです。

そこで満を持したかのように始まった小学校3年生からの英会話クラスですが、

 

約週1回で圧倒的に足りない問題点

 

があります。

 

英会話が使えることがかなり強く要求される社会状況になっていくのに、まったく歯が立ちません。

 

そのためもし迷っているのならぜひお子さんに英会話を習わせてあげてください。