【人生でやりたいことリストを整理して留学したいか判断しましょう】

フランスの大学院に留学中のシンジです。

社会人だから留学にとても迷っていますか?

 

この記事を読むと、

 

社会人や年齢が原因で社会人留学を迷わなくてもよい方法

 

についてわかるようになります。

 

 

 

人生でしたいことリストを作って整理すると人生がシンプルに

 

人生でしたいことリストとは文字通り人生でしたいことを書いたリストです。

紙でもスマホの携帯メモでもいいので、

 

  1. 人生でやりたいことを書く
  2. 整理する

 

この2つをするだけで人生がシンプルになり、社会人留学をしたほうがよいのかそうでないのかがわかります。

 

 

スポンサードサーチ

何故したいことリストを作るだけじゃ足りないのか?

 

社会人になると学生時代以上にしがらみが増えてきます。

年齢、仕事、家族、借金返済(ある人は)……。

 

学生時代よりはお金はあるけれど、忙しかったり大胆に動けなくて、したいことも出来ずじまい。

気づけば時間だけがすぎていく。

 

そんなときに、一度、人生でやりたいことリストを作って整理してみると、

 

  1. 自分が何をしたいのか
  2. その中で実際に何が実現可能なのか

 

が明確化され、そのために動くことが容易になります。

 

 

スポンサードサーチ

たとえばこんなふうに作りました

 

僕が人生でしたいことリストを作ったのは、ある日の帰宅ラッシュで湧く電車の中。

 

当時は10日に一度くらいの休日しかとらない感じの生活を2年くらい続けていて、マイコプラズマ肺炎の症状が長引いていたり、彼女に別れを告げられたり、祖母が亡くなったりとたいへんな日々でした。

 

人生でやりたいことリストの書き出しルール

 

そのせいか自分の人生ってなんだっけ、などと思うことが多くなり、そこで思いついたのが自分がしたいことを書き出してみるということでした。

 

当時はまだガラケーでしたからガラケーのメモ機能でパチパチと打ち込みです。

ルールは、

 

  • やりたいことを書くときは自由な発想で
  • 子どものときから現在の自分が思ってきた・思っているやりたいことをすべて書き出す
  • 順番は気にしない

 

という感じす。

僕が書いた一例は、

 

  • 空を飛びたい
  • 冥王星の向こう側へ行ってみたい
  • 大学に留学したい
  • 政治家になりたい
  • 歌手になりたい
  • 世界旅行をしたい
  • アフリカ大陸の中心へ行ってみたい
  • ハンググライダーをしてみたい
  • バンジージャンプをしてみたい
  • 与那国島へ行ってみたい
  • 猫と旅したい
  • かわいい彼女と世界を旅したい
  • いつだったか松屋で食べためちゃくちゃおいしいカレー?を食べてみたい

 

……まだまだありますが、どれだけ適当で本人の欲求に忠実な感じがみてとれるかと思います。

 

リストを整理する

 

書き出したら整理していきます。

リストを整理する判断基準は3つ

 

  1. 不可能性
  2. 予算(将来給料予定を含む)
  3. 年齢

 

です。

ちょっとシビアです。

 

まず不可能性でリストから削除して行きましょう。

 

空を飛びたい

冥王星の向こう側へ行ってみたい

政治家になりたい

歌手になりたい

猫と旅したい

かわいい彼女と世界を旅したい

いつだったか松屋で食べためちゃくちゃおいしいカレー?を食べてみたい

 

などは僕の不可能性の観点から却下できます。

 

僕が小さいころ考えていた空を飛びたいという願望は、ドラゴンボールの舞空術的なものですから不可能。

猫アレルギーなので猫と旅は不可能。

かわいい彼女と旅したいは、相手の存在ありきなので不可能。

松屋のおいしいカレーはお店次第なので不可能。

あと絶望的にリズム感がないので歌手は不可能。

 

などです。

どしどし削除していきます。

 

残りは予算と年齢(体力、体の衰え的な観点)で整頓していきます。

 

世界旅行と、アフリカ大陸の中心、与那国島へ行きたいは重なっているので1つにまとめられます。

ハンググライダーやバンジージャンプも旅の途中で参加できそうです。

また予算的にも年齢的にもOKそうです。

 

そして、

 

大学に留学したい

 

年齢的にすこし迷いましたが、通える足腰があるから大丈夫だと判断しました。

 

整理してみると、僕が人生でしたくて実現可能性があるのは、

 

  • 大学留学
  • 世界旅行

 

2つだけだと判明しました。

 

しかし同時にすることはできないので、どちらを先にするか迷いましたが、結果として、僕はまずフランスの大学院に留学することに

 

 

人生でしたいことリストを整理すると起こること

 

したいことを整理して数が減ると、

 

したいことへの情報に敏感になる

 

という状態になります。

僕の場合は、留学情報やフランス語、フランスのニュースなどに敏感になりました。

 

それまでは疲れたら漫画などを読んで時間を潰していましたが、留学情報をブログで読むようになったり。

 

その結果として、いつのまにかやりたいことに近づいていきました

 

 

スポンサードサーチ

人生でやりたいことを全部したらどうするの?

 

やりたいことを全部した後は2つのどちかの状態になります。

 

  1. 人生が楽になる
  2. やりたいことが増えている

 

やりたいことをすべてしてしまったあとは、人生は楽です。

いつ死んでも後悔はありません。

 

緩和ケアのブロニ―ウェアさんの『死ぬ瞬間の5つの後悔』にもありましたが、

 

死ぬ前に後悔することの1つは挑戦しなかったこと

 

しかし自分のしたいことはすべて済んでいれば、後悔が起きなくなります。

 

 

また須原一秀さんの『自死という生き方』にありましたが、したいことを全部したときが人生の満足期のピークです。

著者はそれが死ぬベストなタイミングだと主張し、実際に亡くなりました。

 

したいことが増えることもあります。

したいことが済んだら、もう1度リストを作ってみるのもよいかと思います。

そして同じ基準でリストを整理整頓していきましょう。

 

人生でしたいことリストを作ったとき、そこに

 

留学

 

の2文字があっても、多くの場合3つの観点から整理しても消えないはずです。

 

 

人生で自分がやりたいことがシンプルに見えてきたら、さくっとこなしていきましょう。

 

参考文献: