【留学先で外国人の友だちを作る最短方法】

留学したのに一緒にいるのは日本人留学生ばかり。

なかなか外国人の友だちができないと考えていませんか?

 

 

友だちは作っていくものです

 

 

結論から言うと、留学先で外国人の友だちを作るのは、日本人の友だちを作るよりハードです。

 

いくら待っていてもできません。

自分からあえて作りにいくしかありません。

 

 

スポンサードサーチ

外国人の友だちを作るのがハードなのはたった1つの理由です

 

外国語が理由でハードになっています。

共通の言葉が無い人とは友だちになることは不可能です。

話が広がらないからです。

 

話せないから話さない。

話さないと周りの人からも、この人はきっと話せないと思われて、話しかけられることもありません。

完全な悪循環。

 

性格の不一致や素行が原因で友だちができないのは、実は二の次です。

 

日本人の場合はそうではありません。

日本語は話せるという前提がすでにあるので、この問題は起きません。

 

そのため、言葉がまったく話せない時期は日本人の友だちばかりになってしまったり、ぼっちになってしまうのは当たり前です。

悩む必要はありません。

その間も粛々と勉強しましょう。

 

 

スポンサードサーチ

話すための勉強をしつつ友だちを作る方法

 

おすすめはアプリです。

Hello Talkなどのアプリで、勉強した結果を試しつつネット友達を作っていきましょう(Hello Talkやフランス語の勉強の仕方についてはこちらでまとめました)。

 

アプリなどのよいところは瞬発性がいらないところです。

LINEなどメッセージ系アプリで、自分のメッセージに即答されると重くなりませんか?

それと同じで、考えたり確認しつつ返答ができるのでスターターにはちょうどよいです。

繰り返し挑戦し、すこしずつ話せるための基礎を作っていきましょう。

 

僕は日本にいたときにHello Talkを使ってフランス語を勉強していました。

不特定多数と挨拶から始め、色々な話題や、わからないところを何度も尋ねることをしていました。

 

そうするとそのうち、辞書とかを使わないでも使える文が増えていきました。

 

 

スポンサードサーチ

なんとなく文が作れるようになったらリアル友だち作りに挑戦しましょう

 

繰り返しになりますが、待っていても外国人の友だちはできません。

人工的に作りに行きましょう。

 

狙いは授業で隣に座った人です。

四つの手法で攻めます。

 

  1. まずは挨拶で軽くジャブ
  2. そして授業中、こそっと授業の内容を尋ねるフック
  3. 休憩時間になったら授業の感想からの他の話題へとカウンター攻撃
  4. 最後に名前を聞いてアッパーカットでフィニッシュです

 

翌日以降は聞いた名前で話しかけて第2ラウンドのリングが鳴ります。

 

ほぼ同じ手法で僕は友だちを少しずつ増やしました。

 

ちなみにコツは、いつもだいたい同じ場所に座る、です。

 

相手もこちらの名前を聞いてくるのが通常ですが、日本人の名前なんざレアなのでよほどのことがないかぎりすぐ忘れられます。

 

ついでにアジア系の顔はひとくくりにされることがあるので、もはやどの位置に座っているなんという名前の人に前回話しかけられたんだっけ?と閉口してしまうわけです。

 

しかし毎回同じ場所に座ることによって、すくなくとも顔の区別はしてくれます。

名前は容赦しましょう。

忘れてしまっている場合は、そのうち再度聞いてきます(経験あり)。

 

そうやってできた友達つながりで友だちが数珠繋がりで増えていくこともあります。

 

ちなみに顔の区別の問題から、アジア系を狙うと結構仲良くなりやすいです。

 

 

スポンサードサーチ

言葉が話せなくても外国人の友だちを作る方法はありませんか?

 

 

1つだけあります。

それは日本語を勉強していて、かつ日本語が中級レベル以上の場合のみです。

 

言語交換という方法は実際の語学学校だったり、アプリだったりで色々あります。

 

また日本人だと知れると、漫画やアニメやアイドルが好きな人が話しかけてくることもあります。

 

しかしこちらの外国語レベルが初級で、相手の日本語レベルも初級の場合、長期的な関係を築くのは不可能だといっても過言ではありません。

話を広げられないからです。

 

それに対して、相手のレベルが日本語の中級レベルの場合、すくなくとも補語言語として日本語が使え、こちらの言語レベルを上げることも可能です。

 

ただし、特に女性に関しては注意が必要な場合があります。

世の中にはその国の言葉が上手じゃない外人女性をターゲットにする男がいます。

 

そういう人は『僕が教えてあげるよ』と近づき、まさに

 

  • 外国語を上達したい
  • 友だちも欲しい

 

という需要にクリーンヒットしてきますが、往々にして目的は言葉に不自由で口答えがしにくい女性です

そもそもその国の人間だからと言って、その国の言葉を教えられることは稀です(外国人に『わ』と『が』の違いをすぐに説明できますか?)。

 

僕も個人的に知っているケースがあります。

もちろんすべてがすべてそういうケースではないかと思いますが、1つの共通言語もない場合は要注意です。

 

それはさておき、まとめると、

 

  • アプリなどである程度文を作れるように準備しつつネット友達を作る→準備完了したらリアル友達に挑戦

 

が最短な外国人ともだちを作る方法です。