【トゥーロンからコルシカ島への行き方。フェリー感想】

この記事は前々回の続きです。

アヴィニョン観光を経て、マルセイユ経由でトゥーロンにいたりました。

 

 

トゥーロンからフェリーに乗船し、コルシカ島へ渡ります。

フェリーのお得な予約の仕方はこちらから

 

 

乗船手続きと船内

 

 

トゥーロン駅を南下し海岸沿いを左へ向かうとコルシカ行きフェリーターミナルにたどり着きます。

荷物検査と身体検査、パスポート、印刷してきたチケットの確認が終わるとフェリーまで行くことができるようになります。

出発は9時ですが、1時間半前についても受付してもらえました

チケットには車無しの人は遅くても30分前にはチェックインをと書かれていました。

ターミナルからフェリーまではちょっと離れています。

僕たちおっさん2人のときは、フェリーの前まで行ってくれるシャトルバス(無料)があったので利用しました。

 

 

フェリーの入り口でチケットを見せると客室番号の書かれたシールを貼ってもらえました。

僕はフェリー初体験なのでエスカレーターがあることに驚きました。

 

 

フェリー内の内装はホテルの様でした。

質問受付カウンターやレストラン、甲板にプールもありました(真冬なので水はありませんでしたが)。

 

 

客室の様子はこんな感じです。

窓無し4人部屋に2人。

鏡台が入って左手にあり、コンセントが1つだけありました。

入って右手にはユニットシャワーがあります。

せまいですが、シャワーはきちんとお湯がでました

液体の体・髪の毛兼用石鹸と個体石鹸が備えついていました。

ヘアドライヤーはなしでしたが、コンセントがあったので使う人は携帯用を持ってきた方がよいかもです。

うれしいことに大きいバスタオルつき!

服をかけるハンガーなどもありました。

鍵はカードキー(1枚)。

ただしインターネットは有料で、限られた操作しかできないとのことでした(海の上ですしね)。

僕は申し込みませんでしたが、無料の範囲内でもコルシカ島観光情報のページやゲームのページなどは利用できました

ひさびさのふかふかベッドで揺れもあまり感じなかったので、スーパーで買ってきてあった食料を食べ就寝。

 

 

スポンサードサーチ

コルシカ島到着

 

 

朝7時に到着。

到着40分ほど前からボリュームの大きい全館放送が何度かあり寝坊はありません。

アナウンスはフランス語と英語で流されます。

下船は車を持っている人、車を持っていない人の順番でアナウンスされます。

おっさん二人は車無しなので、アナウンスで指示があるまで客室で寝ていました(笑)

でも実際アナウンス後に廊下に出てみるともうほとんど乗客がいなかったので、先にでることも可能だったのかもしれません。

でもいかんせよ1月2日の朝7時。

早く降りても、暗いわ寒いわどこも開いてないわの三重苦なので時間をゆっくり取った方が賢明かと思います。

注意することは、下船するときはカードキーをドア外のカードを刺すところへ刺しておくことです。

帰りのフェリーで言われました。

 

上にも書いた通り、寒いわ暗いわどこも開いてないわの時間帯だったので、ターミナルで時間を潰しました

館内のインフォメーションでアジャクシオの地図をもらい、wifiのパスワードもゲットしました。

wifiは速かったです。

自動販売機で温かいコーヒーを購入するのもよろしいかと。

トイレ(無料)。

館内暖房OK。

 

 

2時間くらい時間を潰し明るくなってきたころにようやくターミナルを後にしました。