【英語のシャドーイングが難しいときはbehind the voicesがおすすめです(無料)】

シャドーイングが発音の練習によいと聞いたけど、実際にやってもなんだか合ってる気がしないし、それに恥ずかしい……YouTubeで日本人がやっているのを見たこともあるけど、なんだかこっちまで恥ずかしくなってしまった……そんな経験はありませんか?

 

 

シャドーイングを始めるならBehind the voicesから使いましょう

 

 

シャドーイングのやり方がいまいちわからない、という人におすすめしたいのが、

 

  • YouTubeでBehind the voicesと検索してでてきた動画を利用する

 

という方法です。

 

Behind the voicesは洋画のアテレコ(キャラクターへの声入れ)場面の動画です。

 

 

しかしなぜアテレコシーンがシャドーイングの練習を始めるときにおすすめなのでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

洋画のアテレコ場面がシャドーイングにおすすめな理由

 

 

洋画のアテレコ場面がシャドーイングを始めるときにおすすめする理由は2つあります。

それは

 

  1. 実際に英語でキャラクターに声をあてている場面がシャドーイングに似ている
  2. そのときの表情や口元の動きなどがわかる

 

からです。

 

なぜなら、通常のシャドーイングはすでに声を持っている俳優さんの話す英語を真似るわけですが、アテレコ場面のシャドーイングでは声を持っていないキャラクターに自分の声を入れる感覚が起きるからです。

 

それの何が良いかというと、

 

  • 自分が英語を話すキャラクターと一体化する気持ちになれる

 

というものです。

この感覚は重要です。

なぜなら、シャドーイングが難しいと感じる1つの原因に、

 

  • 俳優やラジオDJなどとの彼我の差を感じてしまう

 

ことがあるからです。

例えばトム・クルーズが出てくる映画を使いつつシャドーイングをしても、一体化するのが難しくないでしょうか?(僕だけ?)

一体化ができないと、どうしても『引け』が出てきます。

引けが出てしまうと、シャドーイングにも影響が出ます。

なぜなら、シャドーイングでいちばん大切なのは、

 

  • プロソディ(英語っぽさ)

 

を真似ることなのですが、それが意外と気恥ずかしいからです(笑)

 

参考:

【英語・フランス語etc、外国語を勉強するときはプロソディも重要です】

 

例えば

 

Oh my gosh !

 

とかいう英語を日本人的にはオーバーリアクションで真似できるかどうかが勝負の鍵なのですが、それができなくてシャドーイングが苦手とする人もいます。

 

それに比べてアテレコのシャドーイングでは、僕たちの声がキャラクターの声となるように感じられるのがよいです。

そして僕たちが棒読みで声あてをしてしまうとキャラの個性が消えてしまうので、より主体的になれます。

 

でも、中には3Dとかのキャラの口元でなく、現実の人間が英語を話している口元なども確認したいという人もいます。

そういうときにも画面半分が声優(や俳優)さんの動画になっているbehind the voicesが使えます。

 

では具体的な練習方法について書きます。

 

 

スポンサードサーチ

Behind the voicesを使った練習法

 

 

Behind the voicesと使ったシャドーイングは、

 

  1. YouTubeのページへ
  2. behind the voices を(コピペしたり、打ちこんで)検索
  3. いくつか候補が出てくるので好きなのを選ぶ
  4. キャラや声優(俳優)さんを見ながらシャドーイング

 

という流れで出来ます。

 

注意したいのが次のことです。

シャドーイングの目的は、

 

  • プロソディや調音(合わせて発音)の勉強

 

なので英文の意味がわからなくても初めはよいということです。

 

参考:

【英語やフランス語…etc、外国語を勉強する前に知っておきたい発音の『調音』と『プロソディ』の違いの重要性】

【英語の発音:プロソディを攻略すれば英会話力が上がる理由】

 

 

 

スポンサードサーチ

Behind the voicesを使ってシャドーイングの苦手意識を克服しましょう

 

 

シャドーイングが苦手なら、ぜひbehind the voicesを利用してみましょう。

 

僕たちがキャラクターの動きや表情に合わせてうまく英語をシャドーイングできないと、キャラの個性が死んでしまいます。

だからこそ主体的にオーバーリアクションと思ってしまうような感じになってると思ってしまうようなシャドーイングも出てくるはずです。

 

それに慣れたら、普通に映画を見たりラジオを聞きながらシャドーイングしてみるのもいいかと思います。