【最短で英語が話せるようになる5ステップと勉強方法】

なるべく早く英会話ができるようになりたい……!思っていませんか?

 

この記事を読むと、

 

回り道をしないで英会話を身につける手順

 

がわかるようになります。

 

 

最短で英会話を話せるようになるための5ステップの順番を守りましょう

 

英会話学習ほど急がば回れをしなければならないものはありません。

なぜなら順番を間違えると1からぜんぶやり直しになるからです。

 

ぶっちゃけ僕はやり直ししてとんでもない時間がかかりました。

 

というわけでそんな無駄な時間を使わなくていいようにきちんと順番を守ることが最短で英会話を身につける方法になるかと思います。

 

その順番は、

 

  1. プロソディを身につける
  2. 調音を学習・体に覚えさせる
  3. プロソディと調音を同時に身につける
  4. 文法・単語を学ぶ
  5. ネイティブに直してもらう

 

 

という5ステップです。

なぜこの順番がよいのでしょうか?

 

プロソディと調音がわからないという場合は【英語の発音が上手になる!:『調音』と『プロソディ』を知って発音力アップを目指しましょう】をチラ見してもらうとわかるようになります。

 

 

スポンサードサーチ

最短で英会話を身につけられる5ステップの順番が効果的な理由

 

 

 

  1. プロソディを身につける
  2. 調音を学習・体に覚えさせる
  3. プロソディと調音を同時に身につける
  4. 文法・単語を学ぶ
  5. ネイティブに直してもらう

 

という5ステップの順番を守ることによって英会話が最短で身につく理由は以下の通りです。

 

『プロソディの学習』が1番の理由

プロソディは言語の基本だからです。

プロソディがなければいくら調音が上手でもカタコト英語になります。

 

『調音を学習・体に覚えさせる』が2番目の理由

プロソディと調音を同時に体に覚えさせるのは混乱を生じさせることがあるからです。

プロソディを気にすると調音が疎かに、調音を気にするとプロソディが疎かに……。

 

『プロソディと調音を同時に身につける』が3番目の理由

プロソディにも調音にも慣れてようやく発音(プロソディ+調音)の練習ができるようになるからです。

 

『文法・単語を学ぶ』が4番の理由

発音ができないまま書かれた英文を伴わざるを得ない英文法を学ぶこと一番してはいけないことだからです(僕がやらかしました)。

発音が身についていない状態で覚えてしまった英単語、英文はあとから総復習になって莫大な時間がかかることになります(僕がやったことです)。

 

『ネイティブに直してもらう』が5番目の理由

7歳以降に学んだ言語の発音と文法の正しさの判断は不可能というのが現在の言語学の定説だからです。

そのためネイティブによる発音・文法の修正は絶対に必要になります。

じゃあ初めからネイティブから直してもらえばいいじゃんと思うかもしれませんが、ある程度の発音、単語、文法のインプットがなければネイティブ講師とのレッスンがそもそも成り立ちません

 

しかし具体的にどのように5ステップを勉強していけばいいのでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

最短で英会話を身につける5ステップの具体的な勉強方法

 

プロソディを身につける

プロソディシャドーイングをします。

好きな映画やドラマを見つつ(日本語字幕でOK)、プロソディのみをシャドーイングします。

 

聞こえてきた英語のリズム、メロディ、強弱などなどを調音は無視していいので真似ましょう。

 

ハミング調でもなんでも自分のやりやすい音でいいのでプロソディだけを真似します(僕は『ナ』と『ン』の音だけでプロソディをシャドーイングしていました。

 

何も見ていない状態でも英語のプロソディを真似られるようになったら次のステップへ(毎日やるなら1週間くらいでできるようになるはずです)。

 

シャドーイングするのに、個人的におすすめなドラマを紹介します。

 

 

フレンズ


ダーマアンドグレッグ

ビッグバン・セオリー

 

です。


どれも

 

  • 話が面白い
  • 1話が短い(30分ほど)

 

です。

 

DVDでなくても、最近ならAmazonプライムなどで自由に検索して何度も無制限で視聴できます。

 

日本の映画作品を同じように英語音声と日本語字幕で観たいなら、【英語音声を付けられる日本映画10選。日本の映画で英語の勉強ができます】にまとめたのでよかったら参考にしてください。

 

 

 

 

調音を学習・体に覚えさせる

調音はまず学習が必要になります。

なぜなら英語の各音を作るときの口元の構えを知る必要があるからです。

 

東京外国語大学の英語の発音のページがおすすめです。

1日で詰め込めるインプット量ではないので、数日にわけましょう。

 

調音の知識がインプットできたら実際に口元を使って覚えさせる必要があります。

BBC Learning Englishがおすすめです(ページの使用で最下部から上にすすむ順で動画を視聴していきましょう)。

 

学習した口元の構えを意識しつつ、動画を参考にしながら自分で実際に調音シャドーイング(調音に注目したシャドーイング)していきます。

 

すべての動画で練習が終わったら、次のステップです。

 

 

プロソディと調音を同時に身につける

日常英会話のためのアプリ・スタディサプリ ENGLISHを使います(似たようなアプリならなんでもよいです)。

 

発音シャドーイング(プロソディと調音を同時に意識したシャドーイング)をしていきます。

 

(重要)画面上にでてくる英語字幕はできる限り読まないようにしましょう。

日本語訳だけチラ見で意味を把握しましょう。

1つ1つの単語や文法の意味ではなく、文全体の意味と音声を組み合わせて覚えてくようにしましょう。

 

口元が音声についていけるようになるまでシャドーイングしましょう。

難しい場合は速度を変えられる機能でゆっくりにして確かめてみましょう。

 

一通り終わったら次のステップに。

 

スタディサプリENGLISHを使った詳しい勉強の仕方については、

 

 

を参考にしてくださいませ。

 

 

文法・単語を学ぶ

中学英文法(と中の単語)を学習します。

おすすめの本は

 

 

です。

 

(単行本版)

 

(kindle版)

 

 

(単行本版)

(kindle版)

 

 

 

 

 

  • うすい
  • イラストたくさん
  • 読んで理解しやすそうなシンプルな文

 

 

の参考書ならなんでもよいです。

参考書を読んでいる日も発音シャドーイングを続けましょう。

 

文法書を読み終えたらスタディサプリ ENGLISHを1からコンテンツシャドーイング(意味に注目しつつのシャドーイング)していきます。

 

発音シャドーイングで英会話文の発音に慣れているはずなので、英語字幕を読みつつコンテンツシャドーイングです。

 

学んだ英文法の知識を使い、英文法を分析していくのが目的になります。

わからない文法があったら参考書で調べましょう。

 

スタディサプリ ENGLISHをコンテンツシャドーイングで最後までできたら、

 

  • 字幕を見ないで発音・コンテンツシャドーイング

 

をします。

 

発音や意味の注目したシャドーイングをしつつスタディサプリを最低でも2周しているので、『音声だけで意味が理解できるか』を確かめるためのシャドーイングです。

 

もし意味がわからない音声に遭遇してしまったら、英語字幕を見て英語で意味を理解するようにしましょう。

 

知っているのに聞き取れない単語などが出てきた場合は【英会話:リスニング上達の3つのコツと練習法】を参考にしてもらえればと思います。

 

 

ネイティブに直してもらう

英会話レッスンを利用します。

英語学校でも留学でもなんでもいいので、

 

  • 英語教授法の資格を持った講師
  • マンツーマン

 

のサービスがある英語レッスンを受けましょう。

おすすめはオンライン英会話です。

インターネットさえあればどこでもできるし、料金もお手頃だからです。

(おすすめのオンライン英会話レッスンに関しては【料金順・英会話オンラインレッスン(オンライン英会話)16社ランキング】をよかったら参考にしてくださいませ)。

 

レッスン時には

 

  • 発音の逐次修正
  • 構文(文法の組み立て)の逐次修正

 

を依頼しておきます。

 

そしてスタディサプリで覚えた英文や、覚えた単語を使って自分で英文を作り講師と話してみましょう。

 

発音と構文を修正され、自己調節していくのが大きな目的です。

 

講師から直しが減ってきたらベーシックな英会話ができるようになっているはずです。

 

 

スポンサードサーチ

5ステップの順番を守れば最短で英会話が身につきます

発音(プロソディと調音)を軽視せず、きちんと学ぶ順番を守って練習していけば英会話を身につけることができるはずです。

 

英会話力をさらに伸ばしたい場合は、スタディサプリの代わりににたとえば英語ドラマや映画を使って同じように練習していけばよいのです(そのため、日本語字幕と英語字幕があるものを選びましょう)。

 

発音と英文法さえ身についていればあとは単語力を伸ばすだけです。