【南仏ニースから日帰りでボーリュー=シュル=メールとサン=ジャン=カップ=フェラ観光情報】

ニースの東に位置するボ―リュ―=シュル=メールは、フランスで最も不動産価値の高い一角。

その南に広がるサン=ジャン=カップ=フェラはロスチャイルドやジャンコクトー所縁の地でもあります。

 

 

行き方

 

 

ニースからバスで約30分(ニースの現代美術館前から)。

基本的にモナコやマントンへ向かうバスで行くことができます。

ニースで買った回数券や定期券はBais des Fournisバス停まで行くことができます。それより先は別料金がかかりますから気を付けましょう。

僕が乗ったのは81番。

81番はサン=ジャン=カップ=フェラの港まで行くので使い勝手がよいです。

 

 

透明な海

 

    

 

ニースの海は青いです。

しかし青すぎることがあります。

青すぎて水中が見えないのです。

それに比べると、ここボ―リュ―=シュル=メールの海は透き通っています。

 

 

 

 

とはいっても海水ですので、水中眼鏡を忘れないようにしましょう。

 

場所はこの辺り。

 

 

 

半島を一周

 

ニースの海。夜、東を望むと灯台の光が届きます。

その灯台が位置するのが、ここサン=ジャン=カップ=フェラの先端にあります。

 

    

 

 

 

ジャンコクトーの家も灯台の近くにありますが、2019年まで改装中とのことです。

半島を一周するのには約3時間ほどかかります。

事前に食料の用意などを忘れないようにしてください。

日光を遮るものもないので、夏場に行く場合は帽子があるとよいです。

靴は必須

サンダルだと難しい足場が何カ所かあります。

雨具も念のために持って行くとよいと思います。

歩いているあいだは常に大海原が横に広がっていて心地よいです。

 

 

旧ロスチャイルド邸

 

 

世界の大豪富といえばアメリカのロックフェラー家かヨーロッパのロスチャイルド家か。

世界を裏から支配しているなんて噂もありますね。

そのうちの1つロスチャイルド家の別荘がサン=ジャン=カップ=フェラにあります。

 

 

竣工まで7年という歳月か費やされた豪邸は圧巻の一言。

 

サン=ジャン=カップ=フェラの中心地からは歩くと意外と距離があるので、バスがおすすめです。

81番のバスでPassable/Rothschildというバス停で降ります

 

料金は大人14ユーロ学割で11ユーロでした。

ニースに来た際にはぜひ足を延ばしてみてください!