【英語の発音の勉強の前に知っておきたい2つの重要なこと】

発音の勉強は大切だとよく言われます。

でも実際に勉強してみてもあまり効果を感じられなくて途中で放り投げたりしていませんか?

 

発音でもとくに、

 

口元の形である調音

 

の練習が大切な理由について知っておくことで、発音の勉強にも身が入ります。

 

 

英語の発音(調音)の勉強・練習をしないと起きる2つの障害

 

 

調音といえば、日本でよく言われるのが、例えばfの音を出す時は下唇を噛みなさい、といったものです。

 

そういった音を出すための口の動きもその音自体も知らないと、

 

  1. 英語の音が日本語の音に吸収される
  2. 英語の音が雑音として聞こえる

 

ということが起きます。

ほりさげます。

 

 

スポンサードサーチ

英語の音が日本語の音に吸収される

 

日本人と英語の発音の問題として有名なものの1つが、sとshの発音の違いです。

 

英語では明確に違う音なのに、日本人にはどちらも同じ音に聞こえてしまうというものです。

 

日本語では『し(shi)』の音があります。

しかし、『si』の音がありません。

そのため、比較的音の近い『shi』の音に『si』の音が吸収されてしまうのです。

 

  • Sit
  • Shit

 

どうやって調音するか知っていますか?

どういう音が作られるか知っていますか?

 

知らない場合、もちろん聞き分けはできないし、発音する時もどっちつかずの音になってしまっています。

 

それで、

 

  • Can I shit here ?
  • Nooooooooo !!!!!

 

などという悲劇が生まれるわけです(笑)

 

 

スポンサードサーチ

英語の音が雑音として聞こえる

 

発音が雑音に聞こえてしまうというのは少しわかりにくいのかもしれません。

 

これは、

 

日本語に近い音がない場合、英語の音は雑音として処理され発音として認識されない

 

というものです。

よくあるのが語末の子音の音です。

 

something

 

の語末の子音の音はngです。

日本語にはありません(ングとは違います)。

 

この音は人によっては『息をのんだ音』に聞こえます。

つまり発音の一部ではなく、体調的な何かに聞こえるわけです。

咳払いみたいなもので言葉の一種ではないということです。

 

ngの調音の仕方がわからないからngの音もわからない。

 

なのでngが語末にある言葉を日本人が発音すると、音足らずな状態になっていることが多いです。

 

もちろん語末の子音だけではありません。

色々な場所の音で同じようなことが起きています。

 

結果として、

 

  • リスニングの時には発音された音だと認識できていないから、自分が発音するときには発音しない

 

という致命的なことが起きます。

 

 

スポンサードサーチ

調音の勉強はとても大切です

 

 

とうわけで、調音の勉強や練習はとても大切です。

勉強・練習しないと、発音だけでなく聞き取りにも不利になります。

 

そして調音と同じく大切なプロソディの勉強も忘れないようにしましょう。

 

調音とプロソディの学び方についてはこちらにまとめてみました→【英語を確実に上達させるためにスタート時にしておきたいこと】