【日本人が英語下手な理由】

世界で(悪)名高い日本人の英語下手。

 

試しにグーグルでJapanese English whyと検索するだけで、なぜ日本人は英語が話せないんだ、という記事がたくさんヒットします。

 

フランス語でJaponais, anglias, pourquoiと同じ意味の言葉でググっても結果は似たようなものです(涙)

 

 

日本人の英語下手は2つの理由から成り立っています

 

 

僕たち日本人が英語ができない大きな理由が2つあります。

 

  1. 教育
  2. 文化

 

です。

 

教育は、2020年からは小学校からですが、義務教育での英語教育に関して。

 

文化は、英語を受け止める日本人の態度にあります。

 

 

スポンサードサーチ

日本の教育や文化が日本人の英語下手を作り上げる理由

 

 

  • 日本人英語教師による日本人的英語の確立
  • 日本人的英語からの逸脱をあざ笑う日本文化

 

この2つの体験が日本人の英語下手の理由になります。

もう少し掘り下げていきます。

 

多くの方が英語をきちんと学び始めるのが学校からだと思います。

2020年からは小学校3年生から英語教育が始まりますが、以前は中学校1年生からでした。

 

小学校3年から始まる英語教育も、以前までの中学からの英語教育にも1つ共通点があります。

 

  • 日本人の教師が教える

 

ということです。

小学校3,4年は担任(つまり日本人)が英語の授業も受け持つ。5,6年生からは担任+専任(ネイティブか英語に堪能な教師)による授業。

 

中学校では英語の授業数が増えます。

ALT(外国人教師)の活用はこれまでと同じようにありますが、基本は日本人の英語の教師が教えます。

 

日本人の英語教師が悪いわけではありません。

文法や単語の説明の場合は日本語で教えた方がわかりやすいこともあります。

 

しかし、

 

  • 日本人の英語下手=日本人は英会話ができない

 

という問題を解決したいのに小学校のクラス担任教師や日本人英語教師を使い続けることが問題です。

 

数年前にも英語教師のTOEICの平均点数が580点ということがニュースになりました。

英検2級レベルに相当するので、簡単な会話しかできないレベルということです。

 

つまりTOEICというアカデミックな話題の入っていない聴解問題の聞き取りもできていないレベルです。

 

聞き取りができないということは、発音もできないというわけです。

何を言われているのか聞いてもわからないのに、発音できないからです。

 

そのような教師の元で英語を習い始める子どもたちには、

 

  • 日本人的英語発音

 

が埋め込まれていきます。

 

参考:

【脳科学から見た外国語の勉強法のコツについて】

 

 

文法を学ぶときに単語も習いますから、どんどんと日本語発音の英語(のようなもの)が蓄積され、習慣化されていきます。

 

そうして実際の英語の音とはかけ離れた日本人英語ができあがっていきます。

 

この弊害には著しいものがあって、その後個人的に英語を勉強しても、すでに脳に出来上がってしまった日本人的英語の話し方がなかなか抜けることがありません。

 

なぜなら、それまでにならってきた莫大な英語の文法や単語がすでに体系的に記憶されているからです。

抜け出すには相当の苦労が要ります。

 

そこで中には子どもが小さい頃から英語学校に通わせる親がいます。

 

そうするとその子供の発音はとてもいいのですが、それを中学校の英語の授業中でそのまま使うと、クラスでは笑いが起こることがあります。

 

正誤ではなく、人と違うことに不寛容な日本人の文化です。

 

特別に英語学校に行っていなくても、海外ドラマや映画、音楽などから個人的に英語を学び、英語ができるようになった生徒も同じような体験をすることが多いです。

appleはアップルと言わなければ笑われる文化です。

 

 

スポンサードサーチ

英語下手な日本人から抜け出す方法

 

 

英語ができない理由が

 

  • 日本人英語教師による日本人的英語の確立
  • 日本人的英語からの逸脱をあざ笑う日本文化

 

なのですから、その2つを無視して英語を学べばよいわけです。

 

そこでおすすめなのがオンライン英会話レッスンだったりします。

ネイティブの先生とマンツーマンですから、日本語的発音が入り込む余地がありません。

 

そして他に生徒がいませんから、正しい発音をしても笑われることもありません。

 

参考:

【1回切り数百円から。最低契約期間の総額別・おすすめ英会話オンラインレッスン16社】

 

 

学校での英語教育は文法を学ぶ程度にとどめておいて、ALTなどネイティブの先生が来たときにだけきちんと受ければよいです。

 

ネイティブの先生と話すときは、正しい発音でないといけませんから、通じない日本語発音の英語のほうが笑われるだけです。

 

まだ英語を本格的に学ぶまえの子どもをお持ちだったり、学生時代英語がまったくできなかった場合はチャンスです。

 

日本語的英語が頭に入っていなければいないほど、英語が話せやすくなるからです。