【日本人が英語が下手な2つの原因】

日本人は英会話ができないとよく言われます。

試しにグーグルでJapanese English whyと検索するだけで、なぜ日本人は英語が話せないんだ、という記事がたくさんヒットします。

 

 

 

 

日本人の英語下手は2つの原因から成り立っています

 

 

僕たち日本人が英語ができない大きな理由が2つあります。

 

  1. 教育
  2. 文化

 

です。

 

教育は、義務教育での英語教育に関して

文化は、英語を受け止める日本人の態度にあります。

 

 

スポンサードサーチ

日本の教育や文化が日本人の英語下手を作り上げる理由

 

  • 日本人英語教師による日本人的英語の確立
  • 日本人的英語からの逸脱をあざ笑う日本文化

 

この2つの経験が日本人の英語下手を作り出します。

もう少し掘り下げていきます。

 

 

日本人英語教師による日本人的英語の確立

多くの方が英語をきちんと学び始めるのが学校からだと思います。

2020年からは小学校3年生から英語教育が始まりますが、以前は中学校1年生からでした。

 

小学校3年から始まる英語教育も、以前までの中学からの英語教育にも1つ共通点があります。

 

日本人の教師が教える

 

ということです。

 

小学校3,4年担任(日本人)が英語の授業も受け持つ。

5,6年生からは担任(日本人)+専任(ネイティブか英語に堪能な教師)による授業。

 

中学校では英語の授業数が増えます。

ALT(外国人教師)の活用はこれまでと同じようにあります。

しかし基本は日本人の英語の教師が英語教えます。

 

日本人の英語教師が悪いわけではありません。

文法や単語の説明の場合は日本語で教えた方がわかりやすいこともあります。

 

しかし、

 

日本人の英語下手=英会話ができない

 

という問題を解決したいのに、小学校のクラス担任教師や日本人英語教師を使い続けることが問題です。

 

数年前にも英語教師のTOEICの平均点数が580点ということがニュースになりました。

TOEICというアカデミックな話題の入っていない聴解問題の聞き取りもできていないレベル。

英検的には2級レベルに相当するので、簡単な会話しかできないレベル

 

そのような教師の元で英語を習い始める子どもたちには、

 

日本人的英語発音

 

が脳に染み込んでいきます。

文法を学ぶときに単語も習うから、どんどんと日本語発音の英語が蓄積され、習慣化されていきます。

そうして実際の英語の音とはかけ離れた日本人英語ができあがっていきます。

 

この弊害には著しいものがあって、その後個人的に英語を勉強しても、すでに脳に出来上がってしまった日本人的英語の話し方がなかなか抜けることはありません。

 

なぜなら、それまでにならってきた莫大な英語の文法や単語がすでに体系的に記憶されているからです。

 

日本人的英語からの逸脱をあざ笑う日本文化

そこで中には子どもが小さい頃から英語学校に通わせる親がいます。

 

そうするとその子供の発音はとてもいいのですが、それを中学校の英語の授業中でそのまま発音すると、クラスでは笑いが起こることがあります。

 

正誤ではなく、人と違うことに不寛容な日本人の文化です。

appleはアップルと言わなければ笑われる文化です。

いつかおとなになって海外に行ったりして発音で嗤われるのは、そのときできる子を笑っていた自分たちであるのに。

 

 

スポンサードサーチ

英語下手な日本人から抜け出す方法

 

英語ができない理由が

 

  • 日本人英語教師による日本人的英語の確立
  • 日本人的英語からの逸脱をあざ笑う日本文化

 

なのですから、その2つを無視して英語を学べばよいわけです。

 

そこでおすすめなのがオンライン英会話レッスンだったりします。

ネイティブの先生とマンツーマンですから、日本語的発音が入り込む余地がありません。

他に生徒がいませんから、英語らしい正しい発音をしても笑われることもありません。

料金も留学や町の英語学校に比べて格段に安いです(オンライン英会話に関しては、安い順にまとめた【料金順・英会話オンラインレッスン(オンライン英会話)16社ランキング】をよかったら参考にしてください)。

 

 

スポンサードサーチ

日本人が英語下手な問題をインターネットが解決してくれます

 

日本での英語教育と日本人の文化的態度によって、僕たちの英会話は一向に上達しない仕組みになってします。

しかし現代はインターネットを使えば容易にその仕組みを変えることができます。

 

オンライン英会話の登場で日本人の英語下手の状況が変わっていくのではないかと思います。