【英語のリスニングが難しいときに試したいYouTube(kids learning)で無料でできる勉強法】

英語のリスニングが難しい。

TOEICや英検の音声教材も何言ってるのか聞き取れない。

ましてや映画やドラマなんてお手上げ状態。

英文法や単語はそれなりに勉強したはずなのになぁ……と思っていませんか?

 

いきなりラスボスは難しいと思いますよ。

 

この記事を読むと、

 

  • リスニング初心者も安心しながら勉強できる英語の子ども用教育YouTubeチャンネルの見つけ方
  • 子ども用教育チャンネルがリスニングの上達によい理由

 

がわかるようになります。

 

 

 

 

 

リスニングができないと思ったらYouTubeで検索したいこの言葉

 

ある程度文法や単語を知っているのに、英語を聞いたらさっぱりだと思っている場合は、

 

YouTubeで『○○ for kids』や『○○ kids learning』、と検索(○○に興味のあるトピックの英単語をいれます)

 

してみましょう。

リスニング力が向上する教材が沢山見つかります。

 

簡単に言えば子ども用の動画なのですが、なぜそれがリスニング力向上につながるのか説明します。

 

 

スポンサードサーチ

子ども用YouTube動画視聴がリスニング力向上につながる4つの理由

 

YouTubeで子ども用動画を視聴することによりリスニング力があがる理由は、

 

  1. 台本が基本英単語やシンプルで明快な文法で作られている
  2. 速度が速すぎない
  3. オート英語字幕が比較的正確に機能する
  4. 自分が興味ある分野について勉強しているというモチベーションが保てる

 

からです。

それぞれを詳しく説明します。

 

台本が基本英単語やシンプルで明快な文法で作られている

子ども用の動画ですので、小難しい専門用語が使われません。たとえトピックとして難しい単語が使われても、その説明は基本英単語でされています。

また、理解しやすいようにシンプルで明快な言い方の台本が使われています。

 

このようにわかりやすさを追求して作られた動画なので、初てめのリスニングの勉強としてはぴったりの教材なのです。

 

速度が速すぎない

当然ですが、子ども用なので特殊な場合を除いて英語のスピードが速くなることはありません。

安心して聞いていられます。

 

オート英語字幕が比較的正確に機能する

中には字幕のついていない動画もあります。

しかしそういうときにありがたいのが、YouTubeのオート字幕機能です。

 

そして朗報。

明快な文法、基本英単語、速くない話し方という3つの理由により、オート字幕機能の正確さがかなり高いのです。

 

自分が興味ある分野について勉強しているというモチベーションが保てる

小さいことですが大切なのがモチベーションです。

『○○ for kids』などとYouTubeで検索して出てくる動画は確かに子ども向けです。

しかし○○には自分が興味があるトピックを入れるので、

 

自分が知りたいことを基本単語で明確な文法で速くない速度の英語で説明してくれる動画

 

が見つかります。

 

そしてなによりこの『知りたい』という気持ちが大切です。

知的欲求は脳を活性化させます。

その結果、たとえ子ども用の動画でも退屈せずに視聴することができ勉強になります。

 

 

でも、子ども用の動画で勉強しても自分には関係なくない?自分はもういい大人なんだし……

 

なんて思うかもしれません。

しかし、TOEICやTOEFL、そして英検といった英語の音声教材を聞いて理解できない理由は、

 

英語を英語として理解できていない

 

という点があります。

 

速度が速すぎたり、知らない単語が多過ぎたり。

また聞こえてきた単語は全部知っているのに、頭の中で意味が生じる前にどんどん進んでしまってパンクしてしまったり。

 

そういう問題は

 

聞いた英語を英語として理解する訓練ができていない

 

から起こります。

しかし子ども用の動画なら『説明を聞かせたときの理解のし易さ』を理念に作られているので、英語を英語として理解する訓練にぴったりなのです。

 

では具体的に勉強方法を説明します。

 

 

スポンサードサーチ

子ども用YouTube動画を使った具体的な勉強法

まずはなによりYouTubeのページへ行きましょう。

 

そしてたとえば最近流行りの『コロナウイルス』について興味があるとします。

その場合は、検索窓に

 

corona for kids

corona kids learning

 

と入力してみましょう。

そうするとたくさんの新型コロナウイルスについて子どもに解説した動画がでてきます。

 

 

 

字幕がついていないときは追加してみるのもよいかもしれません(ちなみにこの動画はイントロは字幕なしでしたが、本編では字幕が付いていました)。

 

 

あとは視聴するのみです。

 

 

もし子ども用の動画でも英語が理解できない場合は、基本単語や文法についての知識を補う必要があったり、発音についての知識が抜けているのでまずそちらを勉強したほうがよいです。

 

特に発音に関する知識が最重要ですので、まず何より先に勉強しておきましょう。

 

参考:

【英語を聞いても理解できないときにすべきこと】

 

 

スポンサードサーチ

子ども用YouTube動画から英語のリスニング力を鍛えましょう

 

子ども用と侮ってはいけません。

なぜなら英語の試験の英語のリスニングができない場合、自分のリスニングレベルは子ども以下の可能性があるからです。

 

単語や英文法を知っていても、リスニング力が欠けていればリスニング力に関しては子ども以下です。

 

そのため子どものレベルからリスニングの訓練を始めるのがリスニング力をつける一番の方法になります。