【英語の授業中に発音がよいのに笑われたトラウマを克服する方法】

学生のころに英語の授業中に英語らしい発音をして笑われたり、現在進行形でそんな経験をしている人はいませんか?

 

 

英語の授業中に良い発音をしたはずなのに笑われた経験があるなら大チャンスです

 

 

英語の授業中に先生に教科書の英文を読むように当てられ、うまく読んだはずが周りにクスクス笑われてしまうことがあります。

 

しかし気にする必要はありません。

 

  • 日本の学校の英語の授業中に良い発音をしたのに笑われる人の英語だけが実際の英会話に通じます

 

ので大丈夫です。

とは言え、思春期真っ盛りのときにクラスメイトから笑われるのは辛いものです。

 

僕も別件でクラス中から笑われたことがありますが、いまだにトラウマになっています(笑)

 

しかし英語の発音がよいという理由で馬鹿にされる故はありません。

 

そんなトラウマになりがちな学校の出来事を克服する方法は、

 

  • 英語の授業の会話パートは適当に受ける

 

です。

 

授業を適当に受けるとは何事だ!けしからん!という意見もあるかもしれませんので、理由を説明します。

 

 

スポンサードサーチ

英語の発音がきれいなのに授業中に笑われてしまうときには授業を適当に受けた方がよい理由

 

 

英語の授業中に発音がよい学生が笑われてしまい恥をかくような現象は日本だけではありません。

例えばフランスでも同じだと聞いたことがあります。

 

しかし、もしそのような『よい発音を馬鹿にして笑うような授業が続く場合』は、

 

  • 授業の会話やスピーキングのパートは力を抜いて適当にやっておけばいい

 

というのが僕の意見です。

なぜなら、

 

  • よい発音をしているのに笑われる経験を受け続けるとトラウマになってしまう
  • トラウマのせいで将来的な英語の技術に支障をきたすことがある
  • 技術や知識を得るための授業を受けてそうなる結果が望めないなら真剣に受ける必要がない

 

からです。

もう少し詳しく書いていきます。

 

 

スポンサードサーチ

英語の授業の会話パートは適当にやっておいても問題のない理由(但し例外あり)

 

 

そもそもよい発音をしている生徒を笑うような雰囲気を放置している英語教師は授業をコントロールできていません。

 

また日本の英語の授業は主として英語の読み書きができることに対して重きを置いています。

そのため、英会話のレベルが高くない英語教師が多数います。

 

実際に『平成30年度の英語教育実施状況調査の結果』を読むと、英語教師29588人の内、10716人だけしかCEFR-B2の資格を取得していません。

 

CEFR-B2の資格とは『外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠』のB2レベルということであり、上から3番目のレベルです。

B2レベルだと『幅広い分野で英語を流暢に話せることはできるが熟練には至っていない』というレベルです。

 

日本の英語教師の約3分の2を占めるB2レベルより下の場合は、簡単な英会話しかできない、もしくは単純な英会話しかできない、もしくはそれ以下となります。

 

唯一希望があるとすればALT(外国語指導助手)の先生です。

ALT先生の場合は、ネイティブだけあって、きれいな発音で話す生徒をほめることはあっても笑うことはありません。

 

なぜなら、

 

  • ネイティブの先生にとってはその『よい発音』は『普通の発音』である

 

からです。

そのため、

 

  • ALTの先生との会話のときだけ英会話をしっかりやる

 

だけで十分です。

 

ALTの先生がいないときに英語を話さなければならないときは、適当でいいです。

英語の授業は、読み書き文法だけの知識を磨く授業だとみなしておきましょう。

 

スピーキングの勉強中でも、

 

  • 英語の話せない非ネイティブの先生のリピートアフタミー授業は間違った発音を植え付けられる可能性が高い

 

ので適当でよいです。

(C1、C2の資格を持っている先生なら話は違います)。

 

結果として、発音が上手な生徒は

 

  • ALTの先生と話す
  • 学外で英語を話す機会を持つ

 

ときに真剣になればトラウマも少なく英会話の技術を上げていくことができます。

 

学外だと、最近なら言語学習者交流アプリ・サイト、オンラインレッスンなどもあります。

マンツーマンが基本なので他にクラスメイトもいません。

 

参考:

【料金順・英会話オンラインレッスン(オンライン英会話)16社ランキング】

 

 

スポンサードサーチ

自分の英語の発音を笑ったクラスメイトに明日はありません

 

 

英語の発音が上手な生徒を笑うクラスメイトには、英会話ができるような明日は来ません。

 

反対に発音が上手だからと笑われてしまった生徒は、すでによい英語の発音ができているとも言えるので、そのような

 

  • 英会話の明日がないような生徒は気にせず、学外で英語を話す機会を多く設け、どしどし英会話能力を高めていく

 

ことが大切です。

 

僕個人が年齢を重ねて、教師の経験もしたことから言えるのは、

 

  • 学校の授業は間違いがないと思っていたけれど、実際にはたくさんの間違いも齟齬もあるし、複数の生徒を完璧にコントロールしつつ授業ができるときばかりではない

 

ということです。

なので、学校の授業を過信せず、今の時代ならインターネットで色々できるので気楽に勉強するようにしましょう。