【英語を話すのが恥ずかしいけれど英会話力をつけたいときの解決法】

英語を話さなければ英語を話せるようにはならないことは知っているけれど、恥ずかしくて英語を話すのが億劫になっていませんか?

 

話し相手を変えればどんな英語を恥ずかしくなくなる

 

 

話し相手が変われば恥ずかしいことを言っても恥ずかしくなくなることがあります。

たとえばお店での会話では言ったら恥ずかしいことも、友人同士なら冗談として笑いあえたり。

英語も同じ

気を許せる関係の人と話すことで恥少なく話しやすくなり、英会話力がアップします。

 

 

スポンサードサーチ

話し相手が変わるとどんな英語を話しても恥ずかしくない理由

 

 

なぜ話し相手を変えるべきかというと、

 

  • 自分の英語を受け止めてくれ、こちらが向こうの英語を理解できなくても英会話が続けてくれるような相手との英会話なら恥ずかしさも減るから

 

です。

 

キャッチボールである会話は、こちらが発した言葉が相手に受け取ってもらえない、こっちが相手の言葉を受け取れない、会話が続かないときが恥ずかしい。

 

間違った英語を口にすると恥ずかしいと思ってしまう理由は、

 

  • 自意識過剰
  • 自信がない
  • 自己評価が低い

 

ということに依っています。

 

要は、

 

  • 勉強してるから正しい英語を話せるはず
  • 間違えた英語を話すと自分の評価がさがる
  • 間違えた英語を話すと相手に笑われる

 

と思ってしまうからです。

しかしそれを逆手にとれば、間違えた英語を話しても

 

  • 自分の評価が下がらない
  • 笑われても大丈夫

 

な人間関係なら恥ずかしくないということになります。

 

それは気を許せる人間関係です。

実際、気を許せる人間関係でないと言葉は出てきにくいものです。

大社長の前だと緊張して話せないようなものに似ています。

 

 

スポンサードサーチ

最高の英会話の話相手は教師、次点で友人

 

 

個人的には英語教師か友人が英会話の練習相手にぴったりです。

 

その理由は、

 

  • 英語の教師は間違った英語を話す学生と会話することが前提の存在
  • 友人同士は笑い合うことは当たり前

 

からです。

 

反対に、旅行中のお店やホテル、空港、町中で道を聞かれるといった一過性の人間関係における英会話にの失敗は恥ずかしくてもどうでもいい意味のないものです。

そのような状況で恥をかいたからといって、英語を話すのが億劫になるのはもったいないものです。

 

服選びと同じです。

服屋さんで自分に合う服を探し出すまで何度か試着をしますが、試着室で自分に似合わない服を着たときのあの違和感。

しかし即脱ぎで違和感とはすぐさらば

一過性の人間関係程度の人間との英会話上の失敗も同じです。

どんどん人を代え、合う人を見つけるべきです。

合う人を見つけてしまえば恥をかいたときの会話相手なんぞ忘れて英語を話せます。

 

ただ注意するのは、教師にもよくない教師もいるということです。

自分の授業を終わらせることだけが最優先で、うまく英語が話せない学生を軽くあしらうような輩もいます。

英語ではありませんが、僕も日本語教師をしていたときにそういう先生を見てきました。

そういう間違いを受け止められないような語学教師は代えられるようにしておきましょう。

 

ちなみに僕が自分の英会話能力が多少のびた?と思えた最初の経験は、イギリス留学中の大学で会ったスペイン人の友人との会話でした。

 

そして最大限に伸びたと実感したのは、英語教師(アシスタント)をしていたイギリス人との会話からでした。

 

スポンサードサーチ

間違えた英語を話しても恥ずかしくない人間関係のもとに英会話の練習をしましょう

 

 

英会話力の向上には英語を話さなければならないことは前提。

そこで緊張感がない人間関係で言葉がでやすい環境にすることが必須になります。

おすすめの会話相手は上記のとおり教師か友人。

 

英会話のための友人は留学先や言語学習者アプリなどで探せます。

しかし友だちという関係にいたるまでが大変かもしれません。

また、お互いの言語のレベルが違い過ぎると会話にさえならずすぐに関係が終わることがあるので要注意です。

 

しかし英語教師相手なら即日からそのような気を許せる関係になる可能性が大。

可能性について言及したのは、上記のように間違えた英語を話す学生を軽く見る教師もいるからです。

しかし例えばオンラインレッスンなら先生を代え放題(EigoruDMM英会話など)。

自分が緊張しないような雰囲気になれる教師と英会話の練習をすれば英会話力がアップするのでおすすめです。

 

英語学校(いわゆる駅前留学)などもよいのですが、おすすめは個人レッスンです。

なぜなら他の生徒がいると、恥ずかしさを感じる可能性がかなりあがるからです。

他のクラスメイト全員が友だちならいいのですが、そうではないときが大半ですから。

 

英会話の相手はどんどん代え、自分に合った人と英語の練習をたくさんしましょう。