【南仏・カロ観光情報】

南仏コート・ダジュールといえばニース、カンヌ、モナコ、エズ、マントン、など海際の観光地が有名ですが、それだけではありません。

もあります。

山と海を同時に楽しみたい方必見。

 

 

山中に残された中世の街並み

 

 

年300日以上が晴れだというカロは海抜400メートル

中世の街並みをそのままに保ち、アスファルトに慣れた目には優しい景色が広がっています。

 

 

そしてなにより猫が多い。

 

 

 

 

Centre international d’art contemporain美術館

 

 

元カロスのお城を改築した美術館。

入場料無料。

幅広い現代アーティストの作品が展示されています。

 

Église Saint-Claude

 

 

美術館の隣にある教会。

残念ながら閉まっていました。

 

他は特筆して寄る場所はないのですが、それが逆によいです。

町中は車も走っていないので空気が綺麗。

いたるところに飾られた花。

 

 

元気に走り回る子どもたち。

牧歌的な雰囲気が広がっています。

山越に見える海。

 

 

 

スポンサードサーチ

行き方

 

ニースから行く場合、一番安く行ける方法はバスです。

乗り換えが1度あります。

バス70番に乗り終点Carros Pagnolで下車。

そこから67bのバスに乗りCarros villageまで行きます。

バス代は1.5ユーロ。

僕はニースのGambetta / Promenadeから乗りしたが、70番のバスはニース旧市街から出ています。

中心街に近い所だと、Congrès / Promenade, Albert 1er / Promenade, Cathédrale / Vieile Villeのバス停があります。

所要時間は約1時間半です。

 

 

カロの公式サイトはこちら。

https://www.carros-tourisme.com/