【英語を学ぶと人間関係が好転します】

英語を学ぶのは旅行や就職のためだけだと思っていませんか?

 

外国人のともだちを作りましょう。

 

この記事を読むと、

 

英語を学ぶと人間関係の悩みが解消する可能性

 

についてわかるようになります。

 

 

 

 

英語がある程度できるだけで人間関係の問題が好転します

 

人の悩みは3つだと言われています。

その3つとは、

 

  1. お金
  2. 健康
  3. 人間関係

 

です。

 

このうちの

 

人間関係

 

は英語ができると好転することがあります。

どうしてでしょうか?

 

 

英語ができると人間関係が増やせる理由

 

人間関係の悩みはお金や健康より根深いものがあります。

なぜならお金や健康は1人で対処できる悩みであるのに、人間関係は『自分と誰か』という関係性から起きるためです。

 

つまり

 

人間関係は自分が何かしても相手がどうにかならないと解決しない

 

ため他の2つに比べて根深いのです。

そして、人間関係の一番の解決策は、

 

問題が起きている人間と距離を置く

 

ことだとされています。

 

しかし人間、定住していれば自然と人間関係が固定されていきます。

 

一人の人間と距離を置くと、その輪に関係した他の人とも距離を取らなくてはならないことも起こり得ます。

たとえば彼女と別れたから彼女の友だちとも疎遠にならざるを得ない、のような。

 

そうして人はまた新たな人間関係を構築して孤独になることを防ぐですが、そういうときも

 

英語ができると人間関係を築く時のバラエティが増える

 

というメリットがあります。

具体的に見ていきましょう。

 

 

英語ができると人間関係のバラエティが増える例

 

僕はこんなブログを書いているので現在英語は英会話も含めそれなりにできます。

 

僕の人間関係の輪には、まず日本語だけで構成されている、地元の友だちや上京してからの大学、職場の人たちがいます。

 

そこに英会話を通じて仲良くなった、旅行中にできた友だち、留学中にできた友だち、などが加わります。

 

そうすると日本語で構成されていたある人間関係が様々な事情で消えてしまっても、まだ余裕があることがわかるかと思います。

 

そして英語を通じて仲良くなった人たちは、日本とはまったく別のバックグラウンドを持っています。

そのため、日本語での人間関係では悩みになったことも、まったく問題でないことがあります。

 

 

英語ができると人間関係のバラエティが増えます

 

人の3大悩みの1つである人間関係。

英語や他の外国語ができると、日本以外でも人間関係を作ることができます。

 

人間関係が疎遠になり、人と会話しないようになると人は孤独に陥りやすくなります。

そのため人間関係はなるべく多く持っておいた方がよいのですが、英語などの外国語ができるだけでその人間関係のバラエティが増えます。

 

旅行や就職といったことだけでは英語を学ぶモチベーションが上がらないという人は、人間関係のバラエティを増やすということも視野に入れてみてはどうでしょうか。

 

ひとりでも外国人のともだちができると、いろいろ考えも変わりますよ。