【英会話はゆっくり話すと伝わりやすくなります】

英語を話しても相手に通じないと悩んでいませんか?

 

 

もしかしたらゆっくり英語を話せば通じるかもしれません

 

 

僕はネイティブの英語を聞いていると、早送りか!などと頭でよく突っ込みをいれてしまいます。

 

そうしてそれを真似しようと英語を早送りのように話すと――たいてい通じません。

 

そこで気持ちゆっくり話すと通じることが多くなります。

 

 

スポンサードサーチ

ゆっくり英語を話すと通じる理由

 

 

ゆっくり話すと英語が相手に通じやすくなる理由は車の運転の徐行と同じです。

 

ゆっくり話せば発音のコントロールも文法のコントロールもしっかりできるから

 

です。

 

 

スポンサードサーチ

そもそもどうして早口で英語を話してしまうのか

 

 

英語を早口で話してしまう理由はいくつか考えられます。

 

  • ネイティブが早口で話していると思ってしまうから
  • 発音的に母音が消えるとどこかで習ったから
  • 自信がないから

 

などです。

 

ネイティブが早口で話していると思ってしまう

これは実際と認識がずれています。

たしかに英語は日本語にくらべて子音だけで発音する言葉が多いです。

そうすると僕たち日本人には早口に聞こえます

なぜなら、自分が聞き取れない音は雑音として処理してしまうから、聞こえた音だけをカウントしているからです。

 

しかし実際は違います。

ネイティブは子音を含めてしっかりと発音しています。

たとえ音韻的現象で音として発音されていなくても、口元はしっかり動いていてその分の影響は表れています。

でも僕たちにはそれは一見(一聴?)わかりません。

それで聞き取れなかった音を無視して速く話しているように聞こえてしまうのです。

もちろんそれを真似すれば、本来あるはずの音がないまま発音しているわけですから、相手は???になります。

 

 

発音的に母音が消えるとどこかで習ったから

僕も確かにそのような記事を読んだことがあります。

曰く、

 

  • 日本語はつねに母音がある
  • そのため英語の子音を発音しようとしてもついつい母音を挿入してしまう
  • だから英語の子音だけを発音するにはすばやく発音すればい
  • なぜならすばやく発音すれば母音を挿入する隙がないから

 

といったものでした。

僕もそれを実践していたことがあります。

しかし実際のところは

 

  • きちんと発音(調音)の知識を学べばすばやく発音しなくとも子音の発音はできる

 

です。

 

 

自信がない

これは英会話だけではありませんが、自信がないとき人は早口になりがちです。

それはなるべく早く話し終わりたいという気持ちが働くからです。

英語で話す自信がないとき、人は英語を話さないようにするか、混乱して早口になってしまうものです。

 

これら早口になってしまう理由を知っておいて、いざ自分が英語を話しているときに早口になっていると気が付いたらゆっくり話すようにしましょう。

 

 

スポンサードサーチ

英語はゆっくり話せば通じます

 

 

きちんと勉強しているのなら、ゆっくりとあせらずに英語を話せば相手に通じるはずです。

 

ゆっくり話せば文法も発音もコントロールできるし、自信の無さもあまり出て来ません。

 

緊張しないで話し出す前に大きく息を吸うなどして意識的にゆっくりと話すようにしましょう。