【フランス語会話が難しく感じる2つの原因と解決方法】

フランス語会話の勉強をしているけれど、なんでこんなに難しいの?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話が難しく感じる2つの原因と解決方法

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話が難しく感じる2つの原因

 

結論から書くと、

 

  • 技術的原因
  • 精神的原因

 

という2つの原因で、

 

フランス語会話が難しく感じられる

 

というケースが多いです。

 

掘り下げます。

 

技術的原因でフランス語会話が難しい

 

フランス語会話ができるようになるのに必要なのが、

 

  • 発音力
  • 単語力
  • 決まり文句力
  • 文法力
  • リスニング力

 

の5つのインプットです。

 

この5つのインプットが欠けていると、

 

  • 相手のフランス語がわからない
  • フランス語が相手に伝わらない

 

ということが起き、フランス語会話が難しく感じやすくなります。

 

精神的原因でフランス語会話が難しい

 

精神的な原因でフランス語会話が難しく感じる場合は、

 

  • 恥をかきたくない
  • 会話相手と相性が悪い

 

という2つのケースが考えられます。

 

言い換えると、

 

  • 間違えたくない、笑われたくない、どうフランス語で言ったらいいのかわからない……といった恥ずかしい気持ち
  • 練習相手の態度から来る緊張感

 

といったことが、フランス語会話に難しさを感じさせる要因になっていないでしょうか。

 

特に、

 

学生時代の英語の時間に英語語を話して笑われた・英語を話しているクラスメイトが笑われているのを見た経験がある

 

方は、

 

ネイティブ相手であっても外国語であるフランス語を話すことにトラウマがある

 

ことが多いようです。

 

フランス語会話が難しく感じるときの解決方法

 

上で見たように、

 

  • 技術的
  • 精神的

 

という2つの原因で、フランス語会話が難しいように感じられている場合は、

 

  • フランス語会話のための5つのフランス語の力をインプットする
  • 慣れる
  • 練習相手を変える

 

という解決方法を取ることができます。

 

フランス語会話のためのインプットを含めた勉強方法に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

にまとめてあるのでご参考くださいませ。

 

そのため

 

精神的原因を解決するため

 

である、

 

  • 慣れる
  • 練習相手を変える

 

に関して簡単に掘り下げます。

 

慣れる

 

フランス語を話すことに恥ずかしさを感じている場合の解決方法は、

 

慣れる

 

しかありません。

 

具体的には、

 

  • フランス語の間違いをすることは当たり前である
  • フランス語の間違いを直してもらうことが目的である

 

ということで、

 

  • 間違えても恥ずかしくない

 

という考え方を持つようにし、

 

フランス語会話の練習の数を重ねる

 

ということをします。

 

間違えることが当たり前であるフランス語会話の練習の数が増える

 

ことにより、間違えたりわからなかったりしても、フランス語を話すことが当たり前になります。

 

練習相手を変える

 

フランス語会話以前に、

 

練習相手の問題

 

ということもあります。

 

具体的には、

 

  • こちらが間違った場合に適切に教えられる技術があるのか
  • こちらと平等な視点で会話の練習に臨んでいるか(間違っても冷笑したり馬鹿にしたりする態度をとらないか)

 

ということを基準にします。

 

そして、

 

基準に当てはまらない人がフランス語会話の練習相手になっている場合は変更する

 

ようにしましょう。

 

フランス語会話が難しいと思う場合は

 

フランス語会話が難しいときは、

 

  • 技術的原因
  • 精神的原因

 

という2つの原因が関係していることが多いです。

自分の原因を確認し、解決方法をとるようにしましょう。

 

フランス語会話の勉強については、記事内でも紹介した

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

もご参考になるかと思うので、合わせてご覧くださいませ。

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語