【中上級の英会話教材は映像系がおすすめな理由】

通学通勤しながら、または他の作業をしながらできるからと、ラジオ英会話など音声だけの英語教材を使っていませんか?

 

そして英語力が伸びないなぁと悩んでいませんか?

 

 

中級以上は映像系の英会話教材がおすすめです

 

 

初級者にはラジオでも映像教材でもどちらでもよいのですが、英会話中級以上を目指すのなら映像教材のほうがよいです。

 

 

スポンサードサーチ

中級以上の英会話習得に映像系教材がよい理由

 

 

映像系の英語教材が中上級以上のレベルを目指すときにおすすめな理由は、

 

  • 意味が音声とともにつかみやすいから

 

です。

どいういうことか順番に説明します。

 

まずリスニングやスピーキングひいては英会話能力の向上に欠かせないものは、

 

  • イメージ(意味の全体像)の理解+音声

 

です。

書かれた英文などはオプションにすぎません。

 

参考:

【英会話:リーディングを捨てよ、英語を話そう】

 

使われた英語の音声とそれが使われている場面、場所、何をしているのか、何を伝えたいのかなどいったところから推測できる全体的な意味ががっしりと合わさったものを理解運用できるようになることが英会話能力向上で一番大切なことです。

 

それを前提に見ていくと、

 

  • 英語初級者には音声教材と映像教材のどちらでも有用

 

ということになります。

なぜなら、

 

  • 初級者が学ぶ英会話は容易に想像できる内容のものが多いから

 

です。

日常の挨拶、買い物の仕方、ホテルのチェックイン……誰もが人生で何度か経験していることなので、音声だけでもわかりやすいし、映像があったらもっとわかりやすくなるだけです。

 

それに対して

 

  • 中上級者には映像系教材が圧倒的に有用

 

ということになります。

なぜなら、

 

  • 中上級の英語の使われる場面は実際には経験のしたことのない内容が多い

 

からです。

つまりこの場合だと意味と音声の合体した理解という理想的な形が崩れるので英会話能力(リスニング力+スピーキング力)の向上にあまり向きません。

 

 

スポンサードサーチ

どのような範囲までが意味の理解がしやすいのかは人の経験に依ります

 

 

英会話だと、僕はNHKのラジオ英会話から入った口です。

初めは基礎英語1や基礎英会話、そして最後の方はビジネス英会話を聞いていました。

 

しかし今思い起こすと、ビジネス英会話よりも基礎英会話のほうの内容のほうがいまだに役に立っています。

 

それは、結局僕の社会人として経験は日本語教師で働いたくらいしかなく、ビジネスの現場を体験したことがないからかと思います。

 

テレビドラマもあまり見ないので、ビジネスの場面に疎く、音声というラジオだけではイメージ(意味の全体像)が足りませんでした。

 

もちろん番組自体はすばらしく、意味の解説もきちんとされているし台本の書かれた教本を買って言葉の意味自体は理解できるのですが、イメージが実感としてわかなかったわけです。

 

しかし世の中には僕と違いもっとビジネスビジネスした場面に遭遇している人もいます。

そういう人にはラジオのビジネス英会話も有用だと思います。

 

そして反対に、ビジネス英会話における僕のように、経験や体験を実際にしたことのない場合の英会話の練習には映像系教材がおすすめになるわけです。

 

映像系教材なら、

 

  • 音声付き
  • 字幕付き
  • イメージ(意味の全体像)がつかみやすい

 

という利点があります。

 

本屋さんへ行けば、中上級者向けの英語教材も本屋さんへ行けば売っていますが、個人的には以下の3つがおすすめです。

 

  • Youtube
  • DVDやBDの海外映画やドラマ
  • オンライン映像ストリーミングサービス

 

Youtubeで英語の番組を探すとかなりお手軽です。

しかしつねに字幕が付いているとも限りません。

そしてついていてもきちんとした字幕になっていないこともあります(ファンがつけたやつなどで誤字脱字があることも)。

そして何より番組数が莫大すぎてなかなか自分に合ったのが見つからなかったりします。

 

そういうときはDVDやBDをレンタルしに行くのがいいかもしれません。

レンタル屋さんへ行けば、ジャンル分けもしっかりしているし、パッケージとにらめっこしてよさそうなのを探したり、何より本屋と同じで自分が思いもしなかた作品が目に入り手にする確率も高いです。

ただ高価だったりレンタル屋さんに行くのが面倒くさかったり返却期限を忘れて延滞料を払ったりすることもあります。

 

そうすると一番のおすすめはすでに多くの人が使っているHuluやAmazonプライムビデオといったオンライン系の映像レンタルサービスかもしれません。

 

両方とも先にダウンロードしておけばオフラインで見ることもできる(合法です)ので、ネットがつながりにくい電車やバスといった通学通勤の途中でも見ることもできます。

 

違いは条件的な面では、

 

 

などがありますが、何より

 

見ることのできる海外ドラマが違うことがある

 

ということがあります。

どちらでも見えるドラマも多くありますが、もし見たい特定の映画やドラマがあるなら事前に調べておきましょう。

 

Hulu

Amazonプライムビデオ

 

 

スポンサードサーチ

映像系英語教材を使って英会話の中上級者レベルになりましょう

 

 

英会話(スピーキング力+リスニング力)が向上しやすい一番の方法は、音声とイメージ(意味の全体像)を同時に覚え練習することです。

 

挨拶やホテルのやり取り以上の英会話を覚えたいのなら、音声だけでなく映像系英語教材を使うほうが有用です。

 

映像の力を借りて、イメージと音声をしっかりつかみ、英会話能力をあげましょう。