【英語の勉強に精神的に疲れたときにしたいおすすめなこと】

英語の勉強をしていて疲れたことがありませんか?

英語の勉強をするのが億劫になったり敬遠してしまったり……。

 

 

精神的に英語の勉強に疲れたときには2つのことがおすすめです

 

 

英語の勉強に疲れたときは、

 

  • 一度毎日している勉強量を減らしたりストップする
  • 日本語字幕の英語の映画やドラマなどで
  1. 笑うこと
  2. 好きな俳優や場所を見ること

 

がおすすめです。

この2つが特におすすめな理由を書きます。

 

 

スポンサードサーチ

笑いや好きな俳優や場所がでてくる映画が英語疲れにおすすめな3つの理由

 

 

笑える映画や好きな俳優や町などがでている映画がおすすめな理由は3つあります。

それは、

 

  1. 笑うことはストレスや緊張感の緩和になる
  2. 好きな俳優や町などを見ることでモチベーションの維持になる
  3. 英語力自体はあがる

 

からです。

 

もうすこし詳しく説明します。

 

 

スポンサードサーチ

『笑い』や『好き』で精神的な疲れを緩和すれば英語力の伸びは継続できます

 

 

まず英語の勉強のときに感じる疲れには2つのタイプのものがあります。

 

  1. 身体的から来る精神的な疲れ
  2. 精神的な疲れ

 

目の酷使やずっと椅子に座っていることから来る身体的な疲れは精神的な疲れにつながります。

 

目が疲れて体がバッキバキなのに勉強を続けていれば、体力の低下から脳がうまく働かなくなり精神的な疲れにもなっていきます。

しかしこういった疲れはよく休めば治ります。

 

問題は英語の勉強に対して精神的に疲れているときです。

 

なんとなく英語の勉強が億劫になっていたり、勉強していても楽しくない。

そんな兆候が精神的な疲れです。

 

このような精神的な疲れは体を休めても続きます。

なぜなら英語の勉強に対する精神的な疲れの原因は、

 

  • 自分の英語のレベルが上がっていない気がする
  • リスニングで聞き取れない
  • スピーキングで失敗が続いた
  • 英文を読んでもわからない単語だらけでイライラ

 

などといった挫折経験からきているからです。

挫折の経験はストレスを溜めます。

ストレスが溜まればたまるほど、ストレスの元である英語から逃れようとします。

 

そうして物理的に英語の勉強をしなくなったり、英語のテキストを見てもさっぱり頭に入らなくなるという反応を見せるようになります。

 

それは脳に関係があります。

人の脳は興味があることに対して活発になります。

活発になれば記憶力もあがるしニューロンのコネクション比率もあがります。

 

しかし精神的ストレスが溜まり英語に対する興味が減ればへるほど脳は働かなくなります。

 

そうしないためにも、

 

  • 笑うことでストレスを減らす
  • 英語ではなく好きな俳優や町などに注目ことでモチベーションを奮起させる

 

ことが大切です。

 

なにより一度『勉強の枠から外れる』ことが大切です。

英語の映画やドラマを見るのは、楽しむためだったり好きな俳優や町の風景を見てうっとりするためというふうにするのです。

 

それでいて矛盾しているようですが、英語の勉強の継続はすることも大切です。

なぜなら人はめんどくさがり屋なので、一度途切れると再開するのが困難になるからです。

 

洋画を見ることは、英語でなく好きな俳優さんや町の光景などに注目するにせよ、笑うにせよ、英語の勉強にはなっています。

 

なぜなら好きな俳優さんに注目していれば、英語を話しているときの表情やジェスチャー、そして発音の唇の動きも目に入ります。

そして何より好きな俳優さんの声なら頭に残りやすいです。

 

参考:

【英会話のプロソディ上達の目安は頭の中の声です】

 

 

そのため後から再度従来の自分の英語勉強方法を復活させるときに、『映画を見ていたのも勉強の一種だった』と主張することができます。

 

要は同じ行為(映画鑑賞)に対する見方を変えるだけで、

 

  • 好きなものを見ていた(ストレスフリー)→実は英語の勉強だったから英語の勉強はずっと続いている

 

というように言えるようになり、再度ゼロからの英語勉強開始という一番嫌でモチベーションを失わせるようなシチュエーションを避けることができます。

 

さて、そんな映画やドラマですが、自分の相性にぴったりな映画を見つけるなら、レンタル屋さんへ行くのが1番よいかと思います。。

ジャケ借りなどができるし、行くまでの軽い運動がストレスを減らせます。

 

レンタル屋さんが近くにないなら動画サービス(AmazonプライムビデオとかNetflixなど)もよいかと思います。

 

 

スポンサードサーチ

英語を楽しみつつ精神的な疲れを減らしましょう

 

 

笑えたり好きな俳優や町の出ている映画やドラマを見てモチベーションが戻ってきたら、またいつもの勉強を復活させましょう。

 

そのときは映画鑑賞も勉強の一環だったと自分に言うことですんなりと英語の勉強に戻れるはずです。