【英語を読んだらわかるのに話せないときは話す練習が別途必要になります】

書いてある英語なら、専門的なものじゃなければある程度は読めるのに、いざ話そうとすると話せない……という経験をしたことはありませんか?

 

 

英語を読めるても話せないときは話す練習しましょう

 

 

英語を読んで理解できても、話せないことは当たり前です。

単純に英語を話す練習が足りていません。

 

でも、英語を読み上げることもできるし、読んでいるときに頭の中で英語を話している気もしますが、どうして話す練習が別に必要なのでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

英語を話すためには英語を話す練習が必要な理由

 

 

英語を読めても英語を話す練習をしなければ英語を話せるようになれない理由は、

 

  • 英語を読む時と話す時で必要とされる物の中に違っている物があるから

 

です。

 

しかし何が読む時や話す時に同じように必要とされ、何が違うのかわかりますか?

 

 

スポンサードサーチ

英語を読む時と話す時に同じように必要とされるものと違うものを知って話せるようになる対策を取りましょう

 

 

まず、読む時にも書く時にも等しく必要な物は2つあります。

その2つとは、

 

  • 単語力(言葉と意味の繋がり)
  • 文法力(文を解析する力、文を作る力)

 

です。

 

まず、ある意味を英語で何というかという知識がなければ読むこともできませんし、聞いて理解することも自分で口にすることもできません。

 

また、書いてある文や聞こえてきた文を解析する力がなければ、ただの単語の羅列を目にしたり耳にしているにすぎません。

そして自分でいざ話そうとしても単語を適当に並べることしかできないので、相手に伝えたい意味が伝わるかのイチかバチか文になってしまいます。

 

そのため単語力と文法力が必要なのです。

しかし同時に、読み話しに必要なこの単語力と文法力のコアの部分が違っているため、英語を読めても話せないということが起こります。

 

そのコアとは媒介の種類です。

 

読む時に必要とされる単語や文法は、

 

  • 文字(見てわかる)を媒介

 

として僕たちは理解します。

しかし話す時には、

 

  • 音声(聞いてわかる)を媒介

 

として僕たちは理解します。

そのため、

 

  • 音声を媒介にして単語や文法を使えるようになる

 

ことが英語を話す時には必要になります。

 

え、でも待って。

英語を読み上げられるし、読んでいる時には頭の中で英語の音が出てるからむしろ読んでいるときには音声と文字を媒介にしているんちゃうの?

と思うかもしれません。

 

そうです。

しかしノー!

 

確かに、英語のネイティブならそれが可能です。

なぜなら、英語のネイティブは、

 

  • 生まれる→英語を話せるようになる→英語を読む練習→英語を読めるようになる

 

という順番を追うからです。

しかし僕たち日本人の多くは、日本語なら、

 

  • 生まれる→日本語を話せるようになる→日本語を読む練習→日本語を読めるようになる

 

となりますが、英語の読みの場合は、

 

  • 英語を話す練習→英語を話せるようになる

 

のように、英語を話す練習抜きで英語を話せるようにはなれません。

しかも英語を話せなくても

 

  • 英語を読む練習→英語を読めるようになる

 

ことができます。

 

なぜなら、僕たちの頭はすでに言語というものは何かということを日本語を通じて理解しているからです。

どういうことかというと、僕たち大人は文字は音声を形のあるものにしたものということを知っているからです。

そしてある程度の英語の読み方を知っていれば、英語を読めるようになるのです。

 

もっと簡単に言うと、ローマ字読みができればアルファベットはだいだい読めるようになるし、アルファベットが読めるようになれば英語の文を読めるようにもなれます……と思ってしまいます。

 

そしてそれこそが問題なのです。

なぜなら、ローマ字読みは日本語だからです。

思い出してください。

ネイティブは、

 

  • 生まれる→英語を話せるようになる→英語を読む練習→英語を読めるようになる

 

という順でした。

しかし僕たち日本人がよくしていることは、

 

  • 生まれる→日本語を話せるようになる→日本語を読む練習→日本語を読めるようになる→(割愛)→ローマ字(日本語)を練習→アルファベットを読めるようになる→英文を読めるようになる

 

なので、どこにも『英語を話せるようになる』という順番がないのです。

 

そのため、英語を話せるようになるためには、英語を話す練習が別個で必要になります。

 

具体的にはプロソディと調音の勉強から始めます。

そうして脳に英語の音声領域を作っていき、英会話の具体的な練習をしていくという流れです。

 

参照:

【英語・フランス語etc、外国語を勉強するときはプロソディも重要です】

【英語やフランス語…etc、外国語を勉強する前に知っておきたい発音の『調音』と『プロソディ』の違いの重要性】

【英語の発音力をつけたいのなら真似と物真似が必要です】

【英語のシャドーイングが難しいときはbehind the voicesがおすすめです(無料)】

【リーディングやライティングができても英会話は初心者レベルから始めましょう】

 

 

ええぇっっ!

またゼロから英語の勉強を始めなきゃいけないの!?と思うかもしれませんが、それは違います

 

英語を読める人は、上記のとおりすでに単語力と文法力があります。

足りないのは英語の音声を媒介にして伝えたり理解する練習だけです。

 

 

スポンサードサーチ

英語を読めても話せない時は英語を話す練習を始めましょう

 

 

英語を読めるのに話せないことは往々にして起こり得ます。

その大きな原因は、

 

  • 読む(目で見て理解)
  • 話す(耳で聞いて理解)

 

という違いです。

 

そのため、残念ながら、読めるようになっても自動的に話せるようにはなりません。

話せるようになるためには、話すための練習が別個に必要になります。