【リスニング力だけをあげても英語を話せるようにはなりません】

リスニング力を鍛えているのに英会話になるとてんでダメといった経験をしていませんか?

 

リスニング能力は英会話能力の一部でしかありません

 

 

結論から書くと、

 

  • 英会話に必要な能力はいくつかあり、そのうちのひとつがリスニング能力なので、リスニング能力だけを訓練しても英会話は話せるようにならない

 

ということです。

 

 

スポンサードサーチ

リスニング力を上げても英会話が上手にならない理由

 

 

リスニングに特化した勉強をしても英会話が上手にならない理由は、

 

  • 英会話はリスニング力とスピーキング力とコミュニケーション力が必要だから

 

です。

 

そしてリスニング力はスピーキング力の一部と考えてもよいです。

 

なぜなら、よく言われているように、聞き取れなければ発音できない、からです。

たとえば、聞き取りにくい音は調音の知識と練習がなければ聞き取れることはありません

 

いわば調音の知識無くリスニング力を向上させようとしても限界があるのです。

 

そしてそのように密接に結びついているリスニング力とスピーキング力を前提としてコミュニケーション能力を発揮しなければ英会話は成り立ちません。

 

 

スポンサードサーチ

リスニングの特訓ばかりしていると、聞き上手には慣れますが英会話にはなりません

 

 

僕はリスニングの特訓をかなりしましたと思います。

毎日英語ラジオやTOEICやTOEFLのリスニング教材を聞いたりしていました。

ただそれは時間の話です。

質は伴っていませんでした

 

どういうことかというと、調音の練習もプロソディに注意を向けることもしなかったからです。

 

参考:

【英会話の上達のために発音の違いを知っておきましょう】

 

 

 

そうなると、日本語にないような英語の音はそれに近い日本語の音として頭に無駄に蓄積され、プロソディ無視な発音の経験も無駄に蓄積されていきます。

 

そうしてそのような状態でいざ英会話の場面となると、僕が話すと相手が???のような顔をする英会話経験をたくさんしました。

 

く……屈辱!

 

そうして屈辱な日々をすごし、ようやく形になった理由は、

 

  • プロソディと調音の勉強
  • ネイティブとのコミュニケーションを通じた経験の蓄積

 

でした。

 

 

スポンサードサーチ

リスニング力だけをあげるだけでは英会話能力獲得には足りません

 

 

英会話能力を向上させたいのなら、知識が密接に絡まったリスニング力とスピーキング力の特訓、そして実践を通じた英会話コミュニケーション力の向上が必要になります。

 

リスニング教材で勉強しているから安心だと思っているけどなかなか英会話を話せるようにならないという経験をもししているのなら、一度見直してみてはいかがでしょうか。