【初心者が英会話を上達させたいのなら、英語字幕をつけないほうがいいです】

英語を話せるようになりたいから、映画やドラマなどに字幕を付けて見ていたりしませんでしょうか?

 

そしてなかなか思うように上達しないなと思っていませんか?

 

 

英会話力を上達させたいのなら、初心者は字幕は日本語にしましょう

 

 

英単語も英文法も怪しいレベルのときは、字幕は日本語一択です。

 

ついでに英語の読み書きはできるのに英会話はできない人にも字幕は日本語からがおすすめです。

 

 

スポンサードサーチ

日本語字幕で英会話力が上達する理由

 

 

ドラマや映画を日本語字幕で見たほうが英会話力があがる理由は、発音に注意したいからです。

 

英会話力をあげるために必要なことは

 

  • 意味と音を一致させる

 

ことです。

 

誰かが話している英語、そして自分が話している英語が、その発音と意味とが一致させることが最大課題になります。

 

そして意味の汲み取りは、英語字幕より日本語字幕のほうが簡単です。

 

もちろん英語字幕の英文が日本語並みに一瞬で理解できるのならば話は別です。

 

 

スポンサードサーチ

日本語字幕を使った具体的な英会話上達法

 

 

用意するものは映画でもドラマでも何でもいいです。

自分が好きで何度でも見られるものがおススメです。

 

字幕や音声設定ができるのがいいので、最低でもDVDを選びましょう。

 

ちなみに僕はコメディドラマ『FRIENDS』や『千と千尋の神隠し』のDVDなどを使っていました。

 

実はジブリのアニメって、日本で買う物も初めから他言語設定になっていたりします。

 

それはさておき、

 

  • 音声設定は英語
  • 字幕設定は日本語

 

にして作品を見ます。

そして見るときに、

 

  • 日本語の字幕は一瞬だけ見る
  • 意味を理解したら字幕から目を離し英語の発音注意を向ける
  • 可能なら聞こえたままに口真似をする

 

ようにしましょう、

 

発音に関しては1つ注意があります。

発音は2つのもので成り立っています。

 

調音とプロソディです。

 

  • 調音はvの音やeiなどの音をどうやって作るかということ
  • プロソディはアクセントや文全体のメロディ(イントネーション)、音の長さ、調子、音節などなど

 

です。

このなかでも特にプロソディが英会話力を上げるのに重要です。

 

プロソディができていない場合、いわゆる日本人のカタカナ英語になります。

 

参考:

【英語・フランス語etc、外国語を勉強するときはプロソディも重要です】

 

 

なので日本語字幕でセリフの意味を理解して発音に注意を向ける際は、1つ1つの音だけでなく、全体の文のプロソディにも注意を払うことが大切です。

 

もちろん口真似する時もプロソディの真似が必須。

1つ1つの音が再現できない場合(なんて発音したかわかんらんよ状態)は、プロソディだけでも真似するようにしましょう(例えばハミングなどで)。

 

 

スポンサードサーチ

じゃあ英語字幕はいつ使えばいいのか?

 

 

字幕の英文より実際にどう発音されていて、どういう意味のことを話しているかのほうが大切です。

 

  • 英語字幕は実際にはこういう文を話していた、を確認するくらいです。

 

実際に会話するときにはもちろん字幕はありません。

実際の英会話時に必要な物は音のみです。

なので日本語字幕で意味を理解し、その後は発音に集中することが必要なわけです。

 

もちろん初めから英語字幕を読んでその英文を一瞬で理解できるのならその方がベターですが、そうでない場合なら英語字幕は使わないほうがよいです。

 

自分のレベルに合わせて字幕を決めましょう。