【英語を聞いても理解できないときにすべきこと】

英語を聞いてもさっぱりわからない経験をしたことはありませんか?

 

 

英語を聞いていてもさっぱりわからない場合は自分に不足しているもの補いましょう

 

 

わからない英語を聞き続けていてもわかるようになることはありません。

 

そういうときは

 

  • 英語のリスニング用に足りない5つの問題を解決する

 

ことが効果的です。

解決すべきものは5つあります。

 

 

スポンサードサーチ

聞いてもわからない英語はいつまでもわからない5つの原因

 

 

聞いている英語が理解できない原因は、

 

  1. スピードが速すぎる
  2. 細部にこだわりすぎてしまう
  3. 発音の知識がない
  4. 単語力が不足している
  5. 文法力が不足している

 

からの5つになります。

そしてこの5つの原因は2つのタイプの問題に分かれます。

 

環境的問題

  • スピードが速すぎる
  • 細部にこだわりすぎてしまう

 

知識的問題

  • 発音の知識がない
  • 単語力が不足している
  • 文法力が不足している

 

です。

それぞれをもっと詳しく見ていきましょう。

 

 

スポンサードサーチ

英語を聞いても理解できないときにやってみたい具体的な解決方法

 

 

1・環境的問題

  • 英語のスピードが速すぎるときの解決法

まず、速度を下げることはあまりおすすめできません。

なぜなら、機械的に速度を下げた音は不自然なので現実の音と変わってくるからです。

機械的に遅くなった発音に慣れてしまっても、いざ通常の速度に戻ったときに聞き取れないままになります。

 

参考:

【英語初心者が速聴で英語を聞いてもリスニング力は上がらないのでおすすめしません】

 

おすすめは教材を変えてレベルを下げることです。

レベルが簡単になればなるほど、明確で適度な速度になります。

同じ話題の教材のすこしレベルが下のものを選びましょう。

 

  • 細部にこだわりすぎてしまうときの解決法

リスニングで細部を気にするのは、キーワードだけでよいです。

それ以外は気にする必要がありません。

結局のところ、リスニングは音声で意味が伝わればよいので、意味が伝わった時点で残りは無視してもよいほどです。

 

そして、発音が気になったりわからない単語が出てきたときに気にしてしまうと、それまで理解してした内や続いている内容が頭から抜けてしまいます。

 

気にするのはキーワード程度に収めて余分な力を使わないようにしましょう。

 

 

2・知識的問題

発音の知識がない、単語や文法力がないという問題ですが、注意しなければならないことがあります。

それは、

 

  • 発音の知識を身につける→単語や文法力を鍛える

 

という順番が必須で経済的だということです。

なぜなら、単語や文法の勉強には当然ながら英単語や含まれているのですが、

 

  • 先に発音を勉強しておかないと、間違った発音で覚えてしまい後からのすべての単語の発音の修正が大変なことになる

 

からです。

 

実際僕は大変なことになりました(笑)

参考:

【初心者が英単語から勉強しないほうがいい理由】

【リーディングやライティングができても英会話は初心者レベルから始めましょう】

 

 

  • 発音の知識がないときの解決法

発音は調音とプロソディ(英語らしさのリズム)に分かれます。

特に調音は知識が必須となります。

調音方法や調音点を学び、その後で実際の音とともに練習してみましょう。

プロソディに関してはリズム感の勉強のようなものになるので、比較的簡単な練習で身につけることができます。

 

参考:

【英語の発音の勉強の前に知っておきたい2つの重要なこと】

【聞こえたままに発音しても英語の発音ができない理由とは】

【調音について知っておくと英語の発音の勉強が楽になります】

【英単語や英文法を覚えるより、まず文単位の発音(プロソディ)を覚えた方がよい理由】

【英会話:発音記号だけを覚えても話せるようにはなりません】

 

 

  • 単語力がないときの解決法

大切なことは、自分のリスニングの目的を知ることです。

日常英会話なら日常英会話の英単語が必要ですし、TOEICならビジネス系の単語が必要になります。

 

もちろん色々な単語を覚えるに越したことはありません。

しかし全部を網羅することは不可能だし切りがないので取捨選択が必要です。

 

本屋で単語帳を探すのもよいのですが、Youtubeがおすすめだったりもします。

 

  • 自分のリスニングの目的+vocabulary

 

などと検索すると出てきます。

例えば

 

toeic vocabulary

 

のような感じです。

イラストや動画付きで単語を覚えるようなものもあるので、おすすめです。

 

  • 文法力が不足しているときの解決法

英文法に関しては、

 

  • 明瞭に解説してある文法教材

 

がおすすめです。

ちょっと手に取ってぱっと見でわかるような感じのがベストです。

一番避けたいのが小難しい文章で書いてある文法書。

僕もやったことがあるのですが、知ったかになるだけで文法の知識は身についていないことが多いです。

 

おすすめの本はこの2冊です。

 

 

理由はイラスト付きでイメージとともに英語のルールが身につきやすいからです。

また、イメージがあり退屈しないほうが脳に記憶されやすいと脳科学的に言われてもいるからです。

 

 

スポンサードサーチ

リスニングができない理由を知り、補い、準備をしましょう

 

 

聞いてもわからない英語を何度聞いても理解できるようにはなりません。

 

理解に必要なものが欠けていたり問題があるからです。

それさえ解決すれば理解できるようになるので準備するようにしましょう。