【英会話:英語がつながっているように聞き取れないのはむしろ聞き取れています】

英語を聞いたときに、単語の切れ目がわからず全部つながっているように聞こえてイライラした経験はありませんか?

 

 

むしろつながった英語を話しているので無理やり単語の切れ目を探さなくて大丈夫です

 

 

リスニングをしていて単語の切れ目がわからない場合はいらいらする必要はありません。

 

  • つながったように聞こえる発音は実際につなげて発音されている

 

ので、むしろ英語は聞き取れて正解です。

 

リスニングの練習なら無理に単語の切れ目を探す必要はありません。

 

 

スポンサードサーチ

英語の単語がつながって聞こえる理由

 

 

英単語がつながって聞こえる理由は、

 

  • 文字には明確な境界があるが音にはないから

 

です。

 

リンキングと呼ばれます。

単語や前後の音をつなげたりして発音して話しやすくする現象です。

 

たとえば日本語の『では』と『じゃ』。

くだけた場面などでは『じゃ』を使います。

「えープリン食べたの私じゃないよ~」とか。

『では』を高速で繰り返して言っていると、そのうち『じゃ』に使い音に聞こえてこないでしょうか?

この場合は『で』が『じ』の音に変わる時に、が調音個所や調音方法の似たもの、そしてより簡単な口の形で発音される母音に変化しています。そして『は』のwaもwが短縮されています。

 

このようにくだけたときには日本語でも音が変わります。

そして日本語では表記としてすでに分かれているが、英語ではまだ正式には分かれていないので英語学習者に混乱が生じることがあります。

 

しかし大事なことなので繰り返しますが、

 

  • 文字には明確な境界線があるが、音には境界線はない

 

ので、文字にこだわって実際の音を無視しないようにしましょう。

 

もちろん対処法もあります。

 

 

スポンサードサーチ

英語の音がつながって聞こえるときの対処法

 

 

僕も以前は『文字と音は一致しているはず』と信用して、英語の字幕と音声がまったく違うように思えて忸怩たる思いをしていました。

 

しかし、

 

  • 音には文字のような境界がない

 

という前提を知ることでまずストレスが減りました。

それを含め、単語の切れ目がわからない時の対処法は、

 

  1. 音には文字のような境界線がない前提を知る
  2. 知っている単語の量を増やす
  3. 単語の最初の音と最後の音に注意する
  • 前後の単語のお尻と頭の音が:

 

1:子音+母音の場合音が合体しがち(例、check itがchec{k i}tに)

 

2:母音+母音の場合半母音が挿入されがち(例、I ateの場合、あえてカタカナで書くならアイ“イェ(ye)”エートとyの音が入る)※半母音はyやwの音のことです。日本語のや行の子音や『を』を『うぉ』みたいに強調するときの唇の丸まった『う』。

 

3:同じ子音だと一つになりがち(例、small lakeのsma{ll l}akeが1つのlに)

 

というルールを覚えておきましょう。

そうして例えば映画などを英語の字幕付きで見ていて言ってることと書いてあることが違うと思ったら、このルールを当てはめて音の観察をしてみるのも一つの手です(注意:文字制限のせいで、言っていることをそのまま字幕にしていないときもあります)。

 

そういうのが心配な場合は、実際にDMM英会話などのオンライン英会話レッスンで英語話者と話すこともよいかもしれません。

先生が話している英語がつながって聞こえたときに、すかさず何と言ったのか再度言ってもらい、自分でも復唱してみましょう。

 

参考:

【(実際にレッスンを体験してみた)人見知りで会話下手だけどDMM英会話ってどうなの?】

 

 

スポンサードサーチ

英語の音がつながって聞こえたらむしろ正解です

 

 

文字と違う音には明確な境界はありません。

リスニング練習なら無理に単語に分解しないのが正解です。

つながる仕組みを知って音をまるごと身につけることがリスニング力をあげ、スピーキング力をあげ、ひいては英会話能力をあげることにつながります。

 

合わせて読みたい:

【実際に話される英語が書かれている英語と違う理由を知って英会話力向上に備えましょう】