【英単語や英文法を覚えるより、まず文単位の発音(プロソディ)を覚えた方がよい理由】

英語にせよほかの言語を学ぶにせよ、僕はまずは文単位のプロソディから学ぶように主張しています。

 

プロソディとはアクセントや音の長さ、イントネーションなど調音(口元の形)以外の発音の側面です。

 

参考:

【英語やフランス語…etc、外国語を勉強する前に知っておきたい『発音』の違いの重要性】

 

 

その理由を掘り下げます。

 

 

単語単位の文単位のプロソディの違い

 

 

プロソディには単語単位と文単位があります。

 

単語単位と文単位の違いは、文単位だと単語単位のプロソディが変わることがあるとういことがあります。

 

そのため、単語帳などで発音を練習して覚えても聞き取れないということが起こります

 

よく知られているのだと、カタカナでも書かれることのある、check it out。

チェキラッチョと書かれているのを見たことがあるかと思います。

 

checkのkの音がitのiと合体、itのtの音がoutのoの音と合体しています。

 

でもいつもチェキラッチョとは発音されません。

促すような場面ではきちんと単語単位で発音されているので聞いている方もcheck, it, outと単語単位で理解できます。

 

要は

 

  • 文単位のメロディ(プロソディ)で発音方法が違うので、聞こえ方も違う

 

のです。

 

 

スポンサードサーチ

文単位の英語の発音とは?

 

 

音になった文には区切りがありません。

まったく知らない外国語を聞くと、いったいどれが名詞でどれが動詞なんだと思ったりしませんか?

 

聞こえてくるのは音の羅列。

どこで文を区切ればいいのかわかりません。

 

日本語も実はそうなんです。

僕たちは日本語を知っているから、校長先生の長い朝のスピーチを聞いてもどこで意味を区切るのかわかります。

しかし日本語をまったく知らない人が聞いたら、なんかどう理解したらいいのかわからない音がずっと聞こえてくる状態になっています。

 

こうやって文章で書いているとわかりやすい意味の区切りも、音にするとわからなくなります。

 

日本語と違い、英語は分かち書きで単語と単語の間にスペースがあります(Iloveyouではなくて、I love youと書くみたいな)。

なので単語ごとの意味の区切りがよくわかります(日本語を学ぶ人は日本語の文章もどれが1つの単語かわからないとなることがあります)。

ここからここまでが1つの単語ね、って。

 

でもそれを音声化して読んだのを聞くと、どれが1つの単語??となることがありませんか?

スペースはどこだ!?みたいな(笑)

 

 

スポンサードサーチ

英語のリスニング力をあげるには文単位の発音に慣れる必要があります

 

 

音になると英単語の区切りがはっきりしない。

でも、それが英語ネイティブの子どもが通っている道なのです。

書き方を知らない英語圏の子どもは、そういった文の音を覚え、意味と結合し、話すようになります。

 

もちろん最初はつたないですが、やがて日本人が大学卒業まで10年英語を習っても聞き取れないようなきちんとした英語の文を話すようになります。

 

英語ができる人は文単位の発音を身につけているので英語圏の子どもが話す英語も大人が話す英語も理解できるのです。

 

 

スポンサードサーチ

文単位の発音を覚えるならカラオケのようなノリで

 

 

ドラえもんの歌に、

 

アンアンアンとってもだーいすきドラえーもん

 

という歌詞があります。

ここでアンアンアンに注目して欲しいです。

 

全部で6つの音(ア・ン・ア・ン・ア・ン)がありますが、メロディとして考える(鍵盤を何回鳴らすのか)とどうでしょうか?

3つしかありません

 

その3つのメロディ(プロソディ)のなかに、アの音を3つ、ンの音を3つ入れるわけです。

つまり、日本語では『アン』という調音を1つのメロディのなかに収めることができます。

 

それと同じようなことが英語のときも必要になります。

 

単語単位なら例えばDragonなら2つのメロディ。

 

  • 1つ目にDraという3つの音。
  • 2つ目にgonという3つの音

 

収めるように発音する必要があります。

 

文単位でさっきのCheck it outを例にとれば、3つのメロディ。

 

  • 1つ目にCheck
  • 2つ目にit
  • 3つ目にout

 

を収める必要があります。

 

それに慣れないと、結局自分が話せる言語のメロディに引きずられることになります。

他の言語を話せない日本人なら日本語のメロディ構造になってしまうわけです。

ド・ラ・ゴ・ンのような4つのメロディに1つずつ音をいれてしまう、みたいな。

英語ネイティブにDragonをゆっくり発音して!と言っても4つの区切ることはありません。

 

 

スポンサードサーチ

文単位の英語の発音の学び方は2つあります

 

 

文単位の発音(プロソディ)を身につけるには2つの方法が必要になります。

 

  • インプット
  • アウトプット

 

です。

具体的に書くと、

 

  • インプット:映画やドラマなどで文のプロソディを意識したシャドーイング(調音に関してはすこし気にするくらいでよい)、プロソディを意識しつつネイティブの先生と会話練習
  • アウトプット:英語ネイティブに英文を話してみる→フィードバックをもらう

 

です。

 

シャドーイングは、聞こえてくる英文を聞こえた直後に口真似することです。文単位のメロディが重要なので、調音的にわからない音はほにゃにゃにゃみたいな感じにごまかして大丈夫です。

意味と音を合体させて理解することも大切なので、字幕は日本語で大丈夫です。

 

もしくはネイティブの英語教師のプロソディを真似て練習するのはすぐにフィードバックがもらえるので最強です。

 

 

アウトプットにはネイティブの助けが必須です。

当りまえですが発音は見えません

答え合わせはネイティブがOKを出すか否かに依ります

ネイティブの知り合いがいない場合は、格安のオンライン英会話教室の先生とかでトライしましょう。

 

英語教授法の資格を持っている先生なら、文単位のプロソディの修正に加えて調音の修正もしてくれます。

 

参考:

【最低契約期間の総額別・おすすめ英会話オンラインレッスン16社】

 

口元の形が物をいう調音は知識がいるので、シャドーイングだけではカバーできません。

 

英文単位のプロソディや調音を身につけたら文法や英単語の勉強に移るのが理想的です。