【英会話を上達させるために知っておきたい話すときに起きる3つのこと】

日本語を英訳して英文を作れるようになったけれど、実際の英会話の場面で通じない経験をしたことはありませんか?

 

 

スピーキングで3つのことをしています

 

 

文法や単語や発音に問題ないと仮定して、英語を話すとき僕たちは3つのことを起こしています。

それは

 

  1. 発話それ自体
  2. 発話によって成したいこと
  3. 発話による最終的な結果

 

です。

 

どうしてこれらの知識が英会話の上達に必要なのでしょうか?

理由を説明していきます。

 

 

スポンサードサーチ

スピーキングによっておこされる3つのことを知ることが英会話上達につながる理由

 

 

英会話の上達にスピーキングによって起こされる3つのことを知っていることがつながる理由は、

 

  • 英語話者の言っていることを正しく理解できる
  • 自分の言いたいことを正しく伝えられる

 

ようになれる可能性が出てくるからです。

 

『なれる可能性』とはまた婉曲な表現ですが、そう書いたことには理由があります。

 

それはスピーキングによって起こされる3つのことの3つ目、

 

  • 発話による最終的な結果(実現することも実現しないこともある)が括弧内に書いたように実現するかしないかわからない

 

からです。

 

つまり、たとえ自分の言いたいことが正しく相手に伝わっても、その内容が実現するかどうかはわかりません。

そして実現しなかった場合、

 

自分が言いたいことがきちんと伝わっていない……

 

などと悲観してしまうこともあるのですが、それが

 

  • 状況的に実現しなかった
  • こちらの英語が適切でなかった

 

のどちらかであるかはしっかりと見極めなければなりません。

見極めたうえで、もしこちらの英語に問題があるのなら英語力を更に高めていけばよいのです。

 

そのため重点は1,2になります。

3は1,2の正確さの判断の基準になります。

 

それではそれぞれをなるべく簡単に具体的に説明していきます。

 

 

スポンサードサーチ

スピーキングで起こる3つのことを具体的に知りましょう

 

 

スピーキングによって起こる3つのことは、

 

  1. 発話それ自体
  2. 発話によって成したいこと
  3. 発話による最終的な結果

 

でした。

 

発話それ自体?

発音、単語、文法など、話す際に使われる最低限必要な要素。

たとえば、

 

『いま手空いてる?』

 

と日本語で言ったとき、

 

  • 日本語の調音として:イマテアイテル
  • 日本語のプロソディとして:イマ…テ、アイテル↑(質問文なのでルを上げ調子で言う必要。それ以外にも適切な箇所でのアクセントなど)
  • 日本語の単語:いま、手、空く、ている、手が空く(慣用句として)
  • 日本語の文法:『手が空いてる』の助詞『が』や助動詞『ている』の『い』が口語で抜かすことが可能という知識。『空く』+『いる』が『空いている』となる知識。

 

ということが合わさった実際の発言そのものです。

 

参考:

【英語の発音:調音とプロソディの勉強や練習を分けてしたほうがよい理由とは】

 

 

発話によって成したいこと?

『いま手空いてる?』という発言をすることによって話し手がしたいことは、

 

  • 何かを手伝って欲しいという『お願い』

 

です。

それを踏まえて正確に言い直すと、

 

  • 今手が空いているならあなたがわたしを手伝うことをお願いしている

 

と話し手は言わなければなりません。

が、そんなことをわざわざ言うのはあまりありません。

そうではなく「いま手空いてる?」という本当は中途半端な文を使う方が会話では普通になっています。

 

そんなことは当たり前と思うかもしれません。

しかし聞き手は

 

  • いま現在することがない

 

という聞き手の状況を応えて手伝わずに終了することも可能です。

 

なぜなら話し手の元の発言をそのまま捉える

 

  • いま現在することがあるか無いかとしか言っていない(手伝って欲しいとお願いしているとは明言していない)

 

からです。

 

この場合、話し手と聞き手の間にディスコミュニケーションが生じてしまいます。

 

そのため聞き手は、

 

  • 話し手の発話から実際に何をしたいのかをリスニングを通じて理解する必要

 

があります。

 

 

発話による最終的な結果?

 

「いま手空いてる?」という話し手の『何かを手伝って欲しいという[お願い]発言』によって

 

  • 聞き手は話してを手伝う
  • 聞き手は話し手を手伝わない

 

という2つの結果が最終的に生じます。

このうち後者の、

 

  • 聞き手は話し手を手伝わない

 

 

  • 話し手の伝えたいことが伝わっているが手伝わない(聞き手個人的な理由)
  • 話し手の伝えたいことが伝わっていないから手伝わない(英語の理解力がない聞き手が原因・もしくは話し手の英語力のレベルが低い)

 

の2つに分かれます。

 

 

スポンサードサーチ

英語を話すときに起きる3つのことを知っておいたほうが英語は上達します

 

 

ふだん日本語で当たり前のように会話している僕たちですが、実はかなり適当だったりします。

自分が伝えたいことを正確に言葉として伝えるのは稀。

それは英語でも同じです。

 

そして僕たちには英語は外国語であるので、

 

 

  • ある程度文章を制限しながら聞き手に伝えたいことを伝えるという話し手としての技術
  • 不完全な文章から話し手の伝えたいことを理解しなければならないという聞き手としての技術

 

が必要になってきます。

その2つの技術が上達しているかどうかは、

 

  • 発話による最終的な結果

 

を通して測ることができます。

そして当然それは、生身の人間と会話することでしかわかりません。

 

そのため留学でも言語学習者交流アプリやサイトでもオンラインレッスンでもいいのでなるべく英会話をする機会を持つようにしましょう。

 

僕のおすすめは、

 

  • 発話それ自体

 

のレッスンが正確に受けられて料金の安いオンラインレッスンです。

 

参考:

【(体験談)DMM英会話のレッスンを3か月続けてみた感想】

【料金順・英会話オンラインレッスン(オンライン英会話)16社ランキング】

 

 

ちなみに今回のような内容に興味がある場合は、オースティンを読みましょう。